青森市で整体院を探しているならココ!

健康情報 生活の知恵 食べ物情報

あさイチで紹介された肉味噌と夏野菜のアヒージョのレシピをまとめてみた!

7月13日火曜日のあさイチで紹介された肉味噌と夏野菜のアヒージョのレシピをまとめてみました。

あさイチ肉味噌レシピ!肉みそそうめん

肉みそそうめんは、肌の新陳代謝を促してくれ、美肌をサポートするたんぱく質や亜鉛、鉄が豊富に含まれているレシピです。

使うのは、八丁味噌。

肉みそそうめんの作り方

  • 八丁味噌に、酒や卵などを入れて混ぜた後、中火で1分半加熱します。
  • 合いびき肉を炒め、生味噌と酒を入れて火にかけます。
  • ねりごまとめんつゆを合わせ、そうめんにかけます。
  • 最後に、肉味噌、きゅうり、トマト、香味野菜をのせて完成です。

肉みそそうめんで蒸し暑い夏を乗りきりましょう

番組内で、博多大吉さんが、肉みそそうめんに、

「だしとごまだれ合わせたつゆと肉みそが合いますね」

と絶賛していました。

赤パプリカを加えると、βカロテン、ビタミンE、ビタミンCが増えるそうです。

あさイチ夏野菜のアヒージョ!

夏野菜のアヒージョは、色んな栄養素を、まんべんなく摂ることができるうえに、免疫機能の維持に役立つそうです。

夏野菜のアヒージョの作り方

  • オリーブ油で、ベーコン・パン粉・にんにくを強火にかけ、6分ほど煮ます。
  • なす、豆腐を入れ、中火で4分ほど煮ます。
  • トマトやししとうなどを入れて、最後にしそなどの香味野菜を入れます。
  • そして、パンを添えて完成です。

アヒージョの素を、ベーコンからしらす干しに変えると、免疫機能の維持やカルシウムの吸収を助ける働きのあるビタミンDが16倍になるそうです。

余った食材がごちそうに変わる夏野菜のアヒージョ

夏野菜のアヒージョは、カロリーを気にしないのであれば、ご飯にかけて食べても良いそうです。

あさイチで紹介されたその他のレシピ

あさりレモンそうめんの作り方

  • あさり・水・みりん・白ワインを沸騰してから中火で2分煮込みます。
  • 煮汁の熱いうちにレモン果汁・塩・しょうゆを加えます。
  • レモンの皮の細切りを入れて、沸騰させ、そうめんを茹でます。
  • ホワイトセロリ・きゅうり・レモンの輪切りをのせて完成です。

オリーブ油を加えると、レモンやきゅうりなどのビタミンの吸収が良くなるそうです。

よだれ鶏そうめんの作り方

  • サラダチキン・きゅうり・ねぎ・しょうが・ごま油をあわせて具をつくります。
  • 米酢・しょうゆ・砂糖・水・黒酢・しょうが・ねぎで、たれをつくります。
  • ゆでたそうめんに、塩・ごま油を和えます。
  • ミックスナッツをのせて、ラー油を回しかけして完成です。

ミックスナッツを、ピーナッツに変えると、疲労回復のサポートをしてくれるアスパラギン酸やアルギニンが増えるそうです。

冷やし回鍋肉の作り方

たんぱく質・ビタミン・ミネラルのバランスが良く夏バテ回避にピッタリな冷やし回鍋肉の作り方です。

  • しょうゆ・酢・黒酢などを合わせて、たれをつくります。
  • たれは、冷蔵庫で1週間保存可能だそうです。
  • 豚バラ肉を、キャベツといっしょに茹でて、取り出してから常温まで冷まします。
  • きゅうりを氷水で冷やします。
  • 豚バラ肉・キャベツ・きゅうりに、たれをかけて和えます。
  • 器に盛って、トマト・とうもろこしをのせて、ごま油とたれをかけたら完成です。

冷やし回鍋肉で元気に夏を乗り越えましょう

冷やし回鍋肉を試食した博多大吉さんは、

「冷えた豚肉の固まった油の嫌な感じが一切ない」

と絶賛していました。

冷やし回鍋肉を作るときに、とうもろこしを枝豆に変えると、スタミナアップに重要なたんぱく質やビタミン、ミネラルがさらに増えるそうです。

まとめ

今日、7月13日火曜日のあさイチで紹介された、肉味噌とアヒージョのレシピを、超簡単にですがまとめてみました。

あさイチ関連記事はこちら

-健康情報, 生活の知恵, 食べ物情報
-, ,

© 2021 アラ還おやじのコーヒータイム!これっていいんじゃない?