旬な話題 芸能スポーツ関連 食べ物情報

10月13日のあさイチで紹介していたしいたけとれんこん餅

10月13日のあさイチで紹介していた、徳島のしいたけとれんこん餅についてまとめてみました。

 

あさイチ 徳島の巨大しいたけ

今日10月13日のあさイチで紹介していた徳島のジャンボしいたけ。

立派な贈答箱に入って、一箱3000円と言う高級しいたけは、男性のこぶし大の大きさもある巨大なしいたけです。

徳島県は、年間のしいたけ生産量が、8000トンと全国一だそうです。

そんな徳島で開発されたのが、ジャンボしいたけだそうです。

「けっこうしいたけが嫌いな子どもが多い。でも、収穫体験に訪れる子ども達は大きなしいたけを競って取っていて、取ったしいたけは必ず食べている。そこで大きいしいたけを作ってやろうと思った」

実際の栽場では、ブロックごとに1個程度と数が少ないようです。

「もともと数の少ない品種。その分大きくなる。ただ、肉厚で本当に大きいものはその中でも3割くらいしか収穫できない」

のだそうです。

徳島のしいたけは、ほぼ菌床栽培で、ブロックにしいたけの菌を打ち込んで育てるそうです。

このブロックは、おがくずとふすま・米ぬかで作られているそうです。

しいたけの菌が強く元気に、大きく育つために必要なのだそうです。

ブロックに菌を打ち込んだ後は、温度20度、湿度60%程度と春の森の環境を再現するそうです。

ある程度熟成した後は、部屋を移すようです。

栽培する部屋は、乾かないために色々な仕掛けがしてあるそうです。

特別なスプリンクラーで水まきをし、パイプのような暖房器具で温めるそうです。

しいたけは、軸が太いものがおすすめだそうです。

しいたけのおすすめの食べ方は、しいたけの石焼き、しいたけのお寿司、しいたけのカツなどがあるそうです。

 

あさイチレシピ れんこん餅

モッチモチの食感が楽しいれんこん餅です。

旬を迎えるれんこんをすりおろし、白玉粉と混ぜ合わせて、「わけぎ入り」と「桜えび入り」と「粒あん入り」の3種類を作ります。

 

れんこん餅の材料 各2個分

  • 白ごま適量
  • サラダ油適量
  • ごま油適量

 

わけぎれんこん餅

  • れんこん2分の1節(正味60グラム)
  • 白玉粉60グラム
  • 塩少々
  • わけぎ(小口切り)20グラム

 

桜えびれんこん餅

  • れんこん2分の1節(正味60グラム)
  • 白玉粉60グラム
  • 塩少々
  • 桜えび(乾)10グラム

 

粒あんれんこん餅

  • れんこん2分の1節(正味60グラム)
  • 白玉粉60グラム
  • 塩少々
  • 粒あん(市販)大さじ2

 

みそだれ(つくりやすい分量)

  • みそ大さじ2
  • みりん大さじ1/2
  • 砂糖大さじ1
  • 豆板醤小さじ1

 

れんこん餅の作り方

  1. ボウルに白玉粉、塩、洗って皮をむき、すりおろしたれんこんを加えて混ぜます。水分が足りない場合は水を少しずつ加えて調整します。
  2. わけぎれんこん餅と桜えびれんこん餅は、それぞれの具(わけぎ、桜えび)を加え混ぜます。生地を2等分して丸く平らに形を整えます。粒あんれんこん餅は、2等分した生地をさらに半分にして薄く平らに広げ、中央に粒あんをのせ、もう1枚をひとまわり大きく広げて重ね、閉じ合わせてあんを包みます。
  3. 生地の片面に、それぞれ白ごまをまぶします。
  4. フライパンにサラダ油を熱し、ごまをまぶした面から焼きます。弱めの中火で8~10分間焼く。
  5. 上下を返して、餅の縁にごま油を回しかけてカリッとさせ、こんがり焼き色がつくまで4~5分間弱めの中火で焼きます。
  6. みそだれの材料を混ぜ合わせます。
  7. 器に盛り、熱いうちにみそだれをつけていただきます。

-旬な話題, 芸能スポーツ関連, 食べ物情報
-, ,

© 2021 アラ還おやじのコーヒータイム!これっていいんじゃない?