車中泊

車中泊!イザというときにあると役立つアイテム12選!

ウキウキとした気分で車中泊に出かけたものの、車中泊ができないというトラブル発生!

そんなこともあり得ます。

走行中の眠気覚まし、思わぬ車の故障での修理、病気や怪我などなど。

トラブルはいつ発生するかわかりません。

そんなイザというときに役立つアイテムを見てみましょう。

因みに雪道を走る予定があれば役立つアイテムはいつもより多めに持っていくことをおすすめします。

スポンサーリンク



万が一車中泊ができないときに備えて2つのアイテムを積み込む!

車中泊を予定していても適度な場所が見つからない、体調があまりよくない。

色んな理由で宿に泊まらざるおえないこともあります。

そんなときのためにお泊りセットは用意しておくことがおすすめです。

それと宿泊ガイド

持っていれば、万が一の宿探しも楽です。

最近では、観光地や街中だけでなく、高速道路のインター近くにも比較的安いのに快適に泊まれるホテルも多くなっています。

走行中の眠気覚ましに必須!それだけじゃない!2つアイテムを積み込む!

走行中の眠気。

誰でも経験があるはずです。

効果に多少の個人差がありますが、眠気覚ましにガムやドリンク類、アタリメなどを持っていきましょう。

特にアタリメは、顎を強く動かすことで眠気解消に役立ちます。

ただ、ガムにしろアタリメにしろあくまで補助的なものです。

どうしても眠気が抜けないときは、安全な場所に車を止めて休憩することが基本です。

携帯トイレ

高速道路やシーズン中の観光地の道中。

渋滞が予想されます。

その渋滞時に一番困るのがトイレ。

念の為携帯トイレを用意しておくようにしましょう。

スポンサーリンク



車中泊で力を発揮するガムテープ!

車中泊中って、意外とこまごまとしたイザという状態が起きるものです。

要は、簡単な修理事や補修事です。

そんなイザというときに役立つのがガムテープ

確かに、べたべた貼りすぎると見た目は良くないですよね。

でも、その粘着力の強さは、緊急時の修理や補修に威力を発揮する優れモノです。

例えば、ヘッドライトの球切れ

ヘッドライトの球が切れるときはたいてい普段使用頻度の高いロービーム側です。

そのままにして片側だけの点灯だと整備不良になってしまいます。

それに、ちょっとするとバイクと間違われて危険です。

だからと言って、常にハイビーム走行だと対向車や前方を走行している車に迷惑がかかります。

そんなとき、ヘッドライト上部をガムテープで塞ぎます

すると、ハイビームで走行しても眩しさが抑えられます。

周りが眩しくて寝づらいときは、ガムテープで窓にタオルを貼って目隠しにすることもできます。

このように優れモノののガムテープ。

その他にビニールテープや針金とそれを着るためのペンチも持っていると何かと役立ちます。

スポンサーリンク



車中泊中も起こる病気や怪我に備えて積み込む!

車中泊中であろうが体調不良や病気、怪我は起こりえます。

そんなとき慌てないために簡易救急箱は用意しておきましょう。

内容としては

  • 消毒液
  • 包帯
  • 絆創膏
  • ガーゼ
  • 脱脂綿
  • 湿布剤
  • 虫刺され用軟膏
  • 鎮痛剤
  • 解熱剤
  • 胃腸薬
  • 日焼け止めクリーム
  • 体温計
  • ピンセット
  • ハサミ

という感じです。

雪道走行に必須!6つのアイテム!

雪道走行は、乾いた道路を走るのとは全く違います。

どんなトラブルが発生するか予測しづらいものです。

そんなときに持っておきたいアイテムがコチラ!

タイヤチェーン

スタッドレスタイヤを装着しているからと安心していては、思わぬ危険にさらされることもあります。

道路の路面状況によっては、チェーンが必要になることもめずらしくありません。

不思議とイザというときって、悪天候のことが多いものです。

タイヤチェーンの装着は、意外と手こずることが多いですから、事前に試着してみることがおすすめです。

軍手・懐中電灯・長靴

タイヤチェーンの装着のときなどに役立つのが軍手です。

できれば、手のひらや指の部分がゴムでコーティングされているものがおすすめです。

懐中電灯や長靴は、夜間や悪天候のときの作業には必須です。

また、車中泊のとき、トイレはあっても照明がしっかりしているとは限りません。

そんなときも懐中電灯は欠かせません。

懐中電灯はヘッドランプがおすすめです。

古い毛布

古い毛布をタイヤチェーンの着脱時に地面に敷いておくと膝をついても濡れませんし汚れません。

それとスタックしたときに、タイヤの下に毛布を敷くと脱出しやすくなります

スポンサーリンク



ブースターケーブル

これは、冬だけじゃなく常に積んでおきたいアイテムです。

バッテリーが上がったときにブースターケーブルが無いとお手上げです。

コードは長めのものを用意しておきましょう。

けん引ロープ・スコップ

けん引ロープは、スタックしたときに車で引き出して助けてもらうのに欠かせません。

伸び縮みするソフトカーロープが扱いやすくおすすめです。

スコップはスタックしたときや除雪に役立ちます。

スクレイパー・解氷スプレー

凍りついた窓。

それをクリアにするには、スクレイパーが便利です。

また、凍りつき方がひどくて頑固な場合は解氷スプレーが効果的です。

また解氷スプレーは鍵穴が凍りついてしまったときにも威力を発揮してくれます。

雪落としグッズは、あると便利です。

スポンサーリンク



-車中泊
-, ,

© 2020 アラ還おやじのコーヒータイム!これっていいんじゃない?