イベント情報 健康情報 旬な話題

弘前さくらまつりも中止決定!新型コロナウイルスの脅威!

県内で新型コロナウイルス感染者が確認されたばかりの青森県。

その新型コロナウイルス流行の感染拡大の影響で、4月23日に開幕し5月6日まで開催される予定だった弘前さくらまつりの中止が決定したようですね。

3月19日の定例記者会見では、「感染防止を第一に考え、慎重に検討する」とし、開催可否を明言していなかった青森県弘前市の桜田宏市長。

しかし、青森県内でも新型コロナウイルスの感染が確認されたことも影響してか、弘前市を中心に主催4団体が協議した結果、全会一致で決まったそうです。

同じ日に、今季2回目の弘前公園の桜開花予想を発表したばかりでした。

予想では、弘前公園内のソメイヨシノは、4月13日開花で18日満開となっていたそうです。

弘前さくらまつり中止の決定に、県内外から落胆の声が挙がっているようです。

スポンサーリンク



弘前さくらまつり

青森県弘前市にある弘前公園は、全国屈指の桜の名所として知られ、日本さくら名所100選、人と自然が織りなす日本の風景百選にも選ばれているようです。

その弘前公園で開催されるのが弘前さくらまつりだそうです。

ソメイヨシノ、シダレザクラなど約50種2,600本の桜が咲くことで有名だということです。

桜のトンネル、そして、1882年に植栽された日本最古のソメイヨシノや約5m15cmという日本最大幹周のソメイヨシノが花を咲かせるそうなんですね。

また、弘前公園内の四の丸演芸場では、いろんな催し物が開催されているそうです。

そして、弘前公園内の弘前市民会館では、津軽三味線全国大会や津軽五大民謡大会などのイベントも開催され、見どころ満載の春祭りだそうです。

基本的に、開催は、毎年4月23日から5月5日だそうですが、桜の開花時期によっては、照明点灯や露店の営業時期を変更することもあるそうです。

夜間の特別照明、ライトアップは、18時頃から23時までだそうです。

特に、ゴールデンウィークと会期が重なることから、この期間の観光客は、高田城百万人観桜会、博多どんたくやひろしまフラワーフェスティバルと並ぶ規模だそうです。

日本各地の観光客数の比較では、毎年上位となるくらい有名なのが弘前さくらまつりだそうです。

来年は、今年中止になった分、盛大に開催されるかもしれませんね。

スポンサーリンク



弘前さくらまつりの開催場所弘前公園にある弘前城

弘前さくらまつりの開催場所となる弘前公園内にある弘前城は、東北で唯一、江戸時代の天守が残る名城として知られているそえなんですね。

きれいに咲き誇る桜もそうですが、歴史的価値の高い弘前城も、見どころに一つになっているそうです。

もともと津軽藩の弘前城の城域だった土地が、弘前公園なんだそうです。

公園として、一般に公開が始まったのが、明治だそうです。

弘前城は、江戸時代に建てられた天守閣。

そして、5つの城門と3つの櫓が、当時のまま残っていて、国の重要文化財に指定されているそうです。

スポンサーリンク



300mにおよぶ桜のトンネル

弘前さくらまつりで弘前公園に行ったら、見て欲しいのが公園の外堀、約2kmにわたって咲き誇る桜だそうです。

最初に散り始めるのは、咲き始めが早いせいだそうですが、散った花びらが、お堀の水に浮かぶ光景が、とても美しいと絶賛されているそうなんです。

その外堀の中でも注目なのが西堀だそうです。

頭上を桜が覆って桜のトンネルができるそうなんです。

その桜のトンネルの長さは、約300mだそうです。

さくらまつり期間中は、ボートの貸し出しもあって、西堀のため池から桜のトンネルを眺めることもできるそうです。

スポンサーリンク



-イベント情報, 健康情報, 旬な話題
-, , ,

© 2020 アラ還おやじのコーヒータイム!これっていいんじゃない?