健康情報 旬な話題

新型コロナウイルスを重症化させる危険性のある成分イブプロフェンとは?

イブプロフェン。

普通に生活していて聞くことのない単語です。

それもそのはずで、薬の成分なのだそうです。

このイブプロフェンという成分は、非ステロイド性の抗炎症薬に含まれる成分なのだそうですが、どうやら新型コロナウイルスとの相性がめちゃめちゃ悪いみたいで、症状を重症化させる危険性があるんだそうです。

このイブプロフェンという成分に関しての警鐘を鳴らしたのが、フランスの厚生大臣であるオリヴィエ・ヴェラン氏です。

イブプロフェンという成分が含まれる非ステロイド性の抗炎症薬は、炎症や痛みなどを抑え、熱を下げるために使われるものなのだそうです。

ところがですね、イブプロフェンという成分が含まれる非ステロイド性の抗炎症薬は、既にかかっている感染症を悪化させて、合併症を発症させる危険性があるそうなんです。

そして、このイブプロフェンという成分は、市販の薬に使われている成分なんだそうです。

フランスの厚生大臣であるオリヴィエ・ヴェラン氏は、自身のツイッターで、

  • 「新型コロナウイルスの感染者がイブプロフェンやコルチゾンなどの抗炎症薬を服用すると、感染を悪化させる要因になる可能性があります。熱がある場合は、パラセタモール、別名アセトアミノフェンを服用してください」
  • 「すでに抗炎症薬を服用している場合、または疑わしい場合は、あなたの医師に助言を求めてください」

とメッセージを投稿したそうなんです。

実際、何人もの医者が、発熱のためにイブプロフェンを服用した後、併存疾患がないのに、重篤な状態に陥った、新型コロナウイルスに感染した若い患者の例を挙げているそうです。

既に、フランスでは、非ステロイド性の抗炎症薬は、フランス医薬品・保健製品安全庁から警告が出て、1月15日以降、薬局で自由に買うことができなくなっているそうです。

フランスの厚生大臣であるオリヴィエ・ヴェラン氏が推奨した、パラセタモール、別名アセトアミノフェンを含む医薬品にも、同じことが当てはまるということです。

パラセタモール、別名アセトアミノフェンは、服用しすぎると、重大な肝臓障害を引き起こす可能性があるそうです。

そのため、時には致命症になりかねないそうです。

スポンサーリンク



日本では既に勧告が出されていたイブプロフェン

実は、イブプロフェンは、既に日本では、小児の解熱剤に使わないよう勧告が出ている成分なんだそうです。

日本小児科学会から2001年に、インフルエンザのときに、小児の解熱剤にはイブプロフェン使わないようにという勧告が出ているんだそうです。

解熱剤という薬は、その字の通り、熱を下げる薬であって、根本的な治療をする薬ではないですよね。

なぜ、熱を下げるのか?

熱を下げるは、例えば、夜眠れないとなれば、身体が疲れて消耗します。

その身体の消耗を防ぐために、熱を下げて睡眠を取ったり、水分を取ったりすることができるようにするためだそうです。

ですから、解熱剤というのは、むやみやたらに使ってはいけないものなのだそうです。

因みに、子どもの場合、解熱剤としては、アセトアミノフェンが推奨されているそうです。

スポンサーリンク



除菌に一番効果的なのはやはり手洗い?

新型コロナウイルスに限らず、予防のために除菌するには、やはり手洗いが一番効果的だそうです。

と言っても、普通の石鹸だと、中々除菌できないそうなので、除菌石鹸での手洗いがいいそうです。

そのときに、目をこすらないように注意しないとダメみたいですね。

と言うのも、ドライアイやのどが乾かないように防止する必要があるからなんだそうです。

それと、除菌シートでいろんなところをしっかり拭くといいそうです。

そうやって除菌しても、全てが予防できるわけではありません。

もし肺炎ではという症状があるのであれば、すぐに病院に行くようにしてください。

いずれにしろ、変だと思ったら、市販の医薬品に頼るよりも、病院にすぐに行った方がいいと思うのはアラ還おやじだけでしょうか。

新型コロナウイルスが猛威をふるって感染拡大が広がっているのですから、いちばん確実な方法をとることが大切だと思うアラ還おやじでした。

スポンサーリンク



-健康情報, 旬な話題
-, , ,

© 2020 アラ還おやじのコーヒータイム!これっていいんじゃない?