旬な話題

西松建設の7都府県での工事中止は英断か?それとも?建設業界にコロナ激震!

建設業界は、腰が重いという定説があって、何事に関してもなかなか動かないというフットワークの悪さがあります。

そんな建設業界は、この新型コロナウイルスの猛威の中、淡々と現場を稼働させてきていましたが、西松建設が緊急事態宣言の出た7都府県での工事中止を宣言し、建設業界に激震が起こったようです。

これは、西松建設で感染者が出たこともあるようですが、新型コロナウイルスの影響で、いくら外での作業であっても、感染することはあるわけですから、感染拡大を懸念して、工事の中止にいたったようです。

ただ、この西松建設の決断は、常識的に考えれば中止は当たり前のことです。

たきさんの作業員が集まる現場ですから、クラスターが発生する可能性もあるわけですから、当たり前の決断と言えるはずです。

世間では、クラスターを作らないようにしているのに、大手ゼネコンは、全く意に介さないかのように、現場を稼働させ続けるのが不思議です。

スポンサーリンク



西松建設の工事中止に怒りの声を挙げる下請け業者

下請け業者の中には、西松建設は、良いことをしたとでも思っているのか!?下請はどうするんだ!と怒りの声も挙げている業者もあるようようです。

その怒りも、判らないわけではありません。

納入や請負の業者、現場労働者やガードマンなど影響受ける人達は多いはずです、

西松建設が現場を全ストップさせたあと、補償は、個別に検討するとは言っているものの、本当に、実際に作業してる末端の職人に補償があるのかは判らないわけです。

下手をすれば、補償を受けた業者の上層部が頭を剥ぎ、末端の職人にはいくばくも行きわたらないということもあるかもしれません。

と言うか、さすがにそれはないでしょうが、補償が満足のいくものにならない可能性はあるわけです。

スポンサーリンク



他のゼネコンの反応

新型コロナウイルスの感染拡大の影響で、緊急事態宣言を受けた7都府県での工事を中止すると決断した西松建設。

では、西松建設以外の建設会社は、どのような反応なのでしょうか?

西松建設以外の建設会社は、工事継続の方針を、次々に打ち出しているようです。

ゼネコン大手の大林組は、原則として工事を継続するとしています。

また、大成建設は、発注者から要請を受けた場合は、一時中止などの対応を個別に協議するとしています。

鹿島建設も、自ら積極的に一時中止を申し出る考えがないことを明らかにしています。

その他の主要建設会社も、同様のようです。

このような建設業界の反応の中、西松建設の決断に対して、目先のお金を捨ててまで、自社の人間や下請けの職人を守る行動だと賛否の声も挙がっているようです。

スポンサーリンク



西松建設以外で緊急事態宣言を受けた7都府県での工事の中止を決めた建設関係会社

西松建設以外で緊急事態宣言を受けた7都府県での工事の中止の方針を出した建設関係会社が、他にもあるようです。

4月10日時点で、西松建設※西松建設では感染者が出たことも公表しています。

前田建設工業東急建設※東急建設では感染者が出たことも公表しています。

そして、新菱冷熱工業ダイダンの5社が緊急事態宣言を受けた7都府県での工事の中止の方針を出したそうです。

スポンサーリンク



-旬な話題
-, , ,

© 2020 アラ還おやじのコーヒータイム!これっていいんじゃない?