アウトドア 生活の知恵 車中泊

車中泊でキャンプ場を選ぶときのために利用方法を知っておこう

車中泊の場所としてキャンプ場を選ぶこともあるはずです。

特に、家族での車中泊の場合、車外での料理、調理をして自然の中で食事をしたいという場合はキャンプ場を車中泊地に選ぶことも多いのではないでしょうか。

でも、いつもキャンプをしていてキャンプ場の利用に慣れている人であれば何ということのない利用方法ですが、初めての人にとっては悩みの種だったりします

キャンプ場のチェックインからの手順、サイトの選び方、施設の内容など、キャンプ場の利用に必要なことを見て行きましょう。

スポンサーリンク



オートキャンプ場を例にして見るキャンプ場の利用手順

オートキャンプ場を例として、キャンプ場の利用手順を見てみましょう。

チェックイン

予約は、電話やネットでできますから確実に予約をしておきましょう。

そして、キャンプ場に到着したら、まずはすぐにチェックインです。

受付で手続きを済ませます。

このときに、テントサイトの位置や施設の利用の注意事項などの説明を受けます

支払いは、チェックインのときに済ませるのが一般的です。

レンタル用品を受け取る

ほとんどのキャンプ場では、テントやターブ、寝袋などのキャンプ用品をレンタルしています。

予約の際に、どんなアイテムをレンタルできるのか確認しておきましょう。

明るいうちに施設の場所を確認する

サイト案内板などで、自分のテントサイトの場所はもちろんですが、炊事棟、トイレ、売店などの場所を確認しておきます。

暗くなってきてからだと探すのが大変ですから、明るいうちに済ませておきましょう。

テントサイトへの移動はゆっくり安全運転で

キャンプ場内の移動の際の走行は、他のキャンパーに気をつけて、砂埃や騒音を出さないようにしましょう。

テントサイトがなかなか見つからないときは、車で探しまわらないで、いったん車を停めて歩いて探しましょう。

駐車券はキャンプ場内の通行証

駐車券が発行されたら、ダッシュボードの上など、外から見える場所に置いておきます

駐車券は受け付けを済ませてチェックイン済みの証拠であり、キャンプ場内の通行証の役目もあります。

到着が遅れそうなときは必ず連絡を入れる

ゴールデンウイークやお盆といった時期だと渋滞に巻き込まれて到着時間に遅れることもあります。

そんなときは必ずキャンプ場に連絡を入れましょう。

連絡が無いまま遅れて到着すると、キャンセル扱いになっていることもあります

スポンサーリンク



テントサイトを選べるフリーサイトで避けたい場所

テントサイトの位置はとても重要です。

確かに、テントサイトの場所を選べるかどうかは、そのときのキャンプ場の混み具合によって違います。

道路沿いやトイレ、炊事場の近くは便利ではあるけど、少々騒がしいこともあります。

トイレやゴミ捨て場の近くは臭いが気になりますから避けたいものです。

水辺の近くや中州

大雨の後には増水の危険があります。

また、上流にダムがある場合、放水によって水が増えることもあるので気をつけてください。

中州は、厳禁です。

崖の下

落石や土砂崩れに巻き込まれ、大けがをする危険があります。

大きい崖に限ったことではありません。

頭上から何か落ちてきそうな場所は避けましょう。

ゴミ捨て場やトイレの近く

臭いが気になるものです。

その上、人通りも多いので落ち着けません。

道路沿い

車の騒音がうるさくてくつろげないし、排気ガスも気になる場所です。

窪地

雨水もたまりやすいので雨天のときは注意が必要です。

そして、ペグが打ちにくい場所でもあります。

スポンサーリンク



キャンプ場の施設

オートキャンプ場には、どんな施設があるのでしょうか?

利用するときのコツやポイントはあるんでしょうか?

さっそく見てみましょう。

管理棟

通常、受け付けや売店、キャンプ用品のレンタルもやっています。

なかには、管理棟と受け付けが別々になっているキャンプ場もあります。

食堂

一部のキャンプ場にしかありませんが、設置しているキャンプ場のほとんどでは、軽食類が中心です。

強風や雷雨といつた荒天のときは避難所としても役立つ施設です。

売店

炭や薪、ガスカートリッジなどの各種燃料、飲み物、調味料や水なども売っています。

レンタル用品を扱っている場合もあります。

AC電源

最近のRVパークなどではほぼ設置されていますが、まだ設置していないキャンプ場もあります。

設置されていれば、テントサイト内で調理器具、照明などの電気器具が気兼ねなく使えます。

AC電源の使用料は、別途支払うのが一般的です。

コインランドリー

コインランドリーを備えたキャンプ場も多いです。

風呂

風呂付のキャンプ場も増えて来ています。

なかには、温泉の露天風呂があるキャンプ場もあります。

炊事場

シンクの他に調理台やかまどが併設されている炊事場も多くあります。

バーベキュー場

設置されている場合、屋根付きのバーベキュー場であることが多いです。

雨天のときや大人数のときは便利です。

スポンサーリンク



-アウトドア, 生活の知恵, 車中泊
-, , ,

© 2020 アラ還おやじのコーヒータイム!これっていいんじゃない?