Twitterまとめ 健康情報 生活の知恵 病気の症状

ゲンキの時間でやってた頻尿と尿漏れをまとめてみた

今朝のゲンキの時間で特集していた頻尿をまとめてみました。

尿トラブルの意外な原因と対策について特集していました。

泌尿器トラブルのアンケート調査では、夜間頻尿の悩みが最も多かったそうです。

多くの女性が悩む尿漏れ

尿トラブルの意外な原因と対策について特集していました。

尿トラブルのアンケート調査では、尿漏れの悩みが女性に多かったそうです。

腹圧性尿失禁は、お腹に力を入れると漏れます。

減量すると、尿もれが改善するそうです。

尿漏れしやすい人の特徴尿漏れしやすい人には以下のような特徴があります。

該当する人はこれから尿漏れに悩まされる可能性があるので注意しましょう。

  • 女性である
  • 尿道に問題がある
  • 感染症にかかっている
  • 痩せている
  • トイレが近い
  • 出産を経験している

尿漏れは男性よりも女性に多く見られます。

これは女性の方が男性よりも尿道が短く、直線的に伸びているためです。

尿道が下がりめ、しめつけが弱いなど生まれつき尿道に問題がある人も尿漏れしやすいです。

さらに膣の感染症にかかっている人も気をつけないといけません。

感染症にかかると膣が炎症を起こし、尿漏れしやすくなります。

痩せている人は妊娠をきっかけに尿漏れが起こる可能性が高いです。

生まれつきトイレが近い人もいるでしょう。

そういった人は膀胱の筋力が弱かったりするため、将来的に尿漏れを起こす危険があります。

そして、出産を経験している女性は骨盤底筋がゆるんでいるケースが多いので尿漏れをしやすいです。

尿漏れはいつから始まる

尿もれは年齢を重ねるごとに起こりやすくなります。

では、いくつぐらいから起きるのでしょうか?

個人差はありますが、30代や40代から尿もれに悩まされるケースが多いです。

この年齢に差しかかっている人はそろそろ注意した方がいいでしょう。

ただ、若いからといって尿もれにならないわけではありません。

20代で尿もれに悩まされる人も少なくないので、どの世代にも起こり得ると思ってください。

中高年の尿もれは老化によって起こります。

体の老化に伴い骨盤底が衰え、尿もれを起こします。

一方、若い人の尿もれは運動不足が原因です。

普段から体を動かさないと骨盤底が衰えていきます。

その結果、尿もれを起こしてしまうことが多いので、日頃から体を動かすようにしましょう。

さらに運動不足だけではなく、生活習慣の乱れや食生活の偏りなども尿もれを引き起こすきっかけになります。

尿もれを防ぐためにも生活習慣や食生活を見直してみてはいかがでしょうか。

尿漏れの原因

尿もれに悩まされている人はいませんか?

もし、悩まされているのであればまずは原因を知っておく必要があります。

原因を知らないと対処することができません。

尿もれの主な原因は骨盤底筋の低下です。

骨盤底筋とは骨盤にある筋肉のことで、排尿をコントロールする働きを持っています。

ここの筋肉が衰えると尿道や膣が緩くなり、排尿を上手くコントロールすることができず、尿もれを起こしてしまうというわけです。

骨盤底筋が低下する原因は色々考えられます。

年齢を重ねると他の筋肉と同様に骨盤底筋も衰えますし、出産がきっかけで衰える場合もあります。

また、重い荷物を持って骨盤底筋に大きな負荷を与えたりするのも原因の1つです。

他にも無理な排尿やデスクワークなども骨盤底筋を低下させ、尿もれを引き起こします。

このように尿もれを引き起こすきっかけは、意外にも身近に潜んでいます。

尿もれを予防・改善するためにも骨盤底筋を強化する必要があります。

尿漏れの種類

尿もれの種類は以下の通りです。

  • 腹圧性尿失禁
  • 切迫性尿失禁
  • 混合型尿失禁
  • 溢流性尿失禁
  • 機能性尿失禁
  • 骨盤臓器脱

腹圧性尿失禁とは骨盤底筋が低下することで起こる尿もれです。

このタイプはお腹に力が入ると尿がもれてしまいます。

切迫性尿失禁とは尿意を感じてトイレに向かっても途中でもれてしまうタイプの尿もれです。

高齢者に多いのがこのタイプです。

腹圧性尿失禁と切迫性尿失禁の症状が両方見られる場合、混合型尿失禁だと思ってください。

溢流性尿失禁とは膀胱が異常に膨らんで尿がもれてしまう状態をいいます。

このタイプは女性よりも男性に多いです。

機能性尿失禁は体の機能が低下することで、尿もれを起こすタイプです。

骨盤臓器脱とは出産などがきっかけで子宮や膀胱を支える筋肉が低下することで起こる尿もれのことをいいます。

尿もれの種類はこのように大きく6つに分けることができます。

尿もれに悩んでいる人は、自分がどのタイプなのか考えてみてください。

尿漏れの治療

尿もれは治療できるので安心してください。

ただ、治療が遅れると症状が悪化してしまう可能性があるので、早めに始めるようにしましょう。

治療方法は原因や症状によって異なります。

咳をした時に尿がもれるといった場合は軽症なので、基本的に薬を使うだけで改善できます。

使用する薬は膀胱の収縮を抑える抗コリン薬や尿道のしまりを改善するβ受容体刺激薬などです。

前立腺肥大症が見られる人は症状が悪化することがあるため、抗コリン薬は使用できません。

また、薬には副作用があるので、服用を始めてから体に異変を感じる場合は担当医に相談してください。

薬物療法では治療できない場合、手術や電気療法といった治療を勧められます。

手術にも膣壁を吊り上げるバーチ法、膀胱頸部を吊り上げるステイミー法、テープで尿道を支えるTVT手術やTOT手術など色々あります。

どれを行うのかは医師と相談して決めることになるので、その時にメリット・デメリットを必ず確認しましょう。

尿漏れと便秘の関係

尿漏れと便秘は関係しています。

便秘の人は尿漏れを起こしやすいので注意してください。

便秘になると腸内に便が蓄積され、便が腐敗するとガスが発生します。

このガスが腸に充満すると腸が膨らみ、膀胱を圧迫してしまいます。

すると通常よりも尿意を感じやすくなるので、尿漏れを起こしやすくなるというわけです。

そのため、尿漏れと便秘の両方に悩んでいる人は、まずは便秘を解消してください。

便秘を解消すれば尿漏れが改善する可能性があります。

便秘を治したい時は、まず食生活を見直してください。

偏った食生活は腸内環境を悪化させてしまうので、栄養バランスのいい食事を意識しましょう。

特に食べないといけないのが野菜です。

野菜には腸内環境を良くする食物繊維が含まれています。

さらに納豆やチーズ、ヨーグルトといった発酵食品も便秘解消におすすめです。

また、ストレスも便秘に悪いので、リラックスできる時間を作り、ストレスを溜めないよう工夫もしてください。

尿漏れを歩き方で改善

歩き方に問題があると正しく筋肉を使えず、骨盤底筋が衰えてしまいます。

この骨盤底筋の衰えは尿漏れの発症リスクを高めます。

歩き方と尿漏れは深く関係しているので、尿漏れに悩んでいる人は歩き方に問題があるかもしれません。

では、正しい歩き方とはどういったものなのでしょうか?

正しい歩き方をする場合、以下のようなことを意識しましょう。

  • かかとから着地する
  • 指で地面を蹴り上げるイメージで歩く
  • 膝を曲げない
  • 背筋を伸ばす

つま先から着地する人が多いですが、かかとから着地するのが正しい歩き方です。

かかとから着地して、指で地面を蹴り上げるイメージで歩きましょう。

この時に注意したいのが歩幅です。

十分な歩幅ではないと強く地面を蹴ることができません。

また、膝を曲げない、背筋を伸ばすといったことも必ず意識しましょう。

こうしたことを意識すると最初は歩きにくいと思うかもしれませんが、続けていると次第に慣れていき、尿漏れも改善していきます。

多くの女性が悩む頻尿

尿の回数が多いことを頻尿といいますが、具体的に1日に何回トイレに行くと該当するのでしょうか?

一般的に1日の排尿回数は5回~7回くらいです。

そのため、1日に8回以上トイレに行く場合は頻尿だと考えていいでしょう。

ただし、8回以上行く場合が必ずしも頻尿というわけでもありません。

水分を多く摂ったり、お酒を飲めば、自然にトイレに行く回数が多くなります。

この場合は頻尿とはいいません。

あくまでも水分の摂取量が普通で、お酒を飲んでいない状態で8回以上です。

また、本人がどう感じているかも関係してきます。

回数が多くても本人が気にしていないなら頻尿とはいえませんし、回数が少なくても本人が気になるなら頻尿といえます。

その人の感覚も関係するので、一概に回数だけで判断できないのが頻尿という症状です。

回数を参考にするのもいいですが、自分が頻尿かもしれないと思うなら一度病院に行かれた方がいいでしょう。

病院に行かず我慢していると悪化する場合もあります。

頻尿の原因

頻尿の原因は多岐にわたります。

中でも代表的な原因は次の通りです。

  • 過活動膀胱
  • 前立腺肥大症
  • 膀胱炎
  • 加齢
  • 薬による影響

男性に多いのが前立腺肥大症による頻尿です。

前立腺が肥大すると尿道が圧迫されるため、頻尿などの排尿トラブルを引き起こしてしまいます。

特に男性ホルモンの分泌が減少する中高年の男性に起こりやすいです。

女性が頻尿になった場合、膀胱炎を疑った方がいいでしょう。

頻尿は膀胱炎の代表的な症状の1つです。

女性は尿道が短く細菌に感染しやすいので、男性よりも膀胱炎になりやすいです。

加齢も頻尿を引き起こす原因になります。

年齢を重ねると膀胱や腎臓の機能が衰えるため、頻尿を起こしやすいです。

また、服用している薬の副作用によって頻尿を起こすケースもあります。

頻尿が気になるようであれば担当医に相談してください。

残尿感を改善

頻尿の症状の1つに残尿感があります。

残尿感があるとまだ尿が残っている感じがして、気持ち的にスッキリしません。

では、この残尿感は改善できるのでしょうか?

結論からいうと正しく治療を行えば改善できます。

残尿感がある場合、以下のような原因が考えられます。

  • 慢性前立腺炎
  • 前立腺肥大
  • 膀胱炎

男性に多いのが慢性前立腺炎や前立腺肥大による残尿感です。

慢性前立腺炎とは前立腺が炎症を起こしている状態、前立腺肥大とは前立腺が肥大している状態をいいます。

女性に多いのが膀胱炎による残尿感です。

膀胱炎になると膀胱が過敏になるため、残尿感を感じるようになります。

トイレの回数が多くて、さらに残尿感がある場合はこういった病気を疑った方がいいでしょう。

原因となっている病気を治療すれば症状は改善します。

また、こうした病気ではなく、ストレスや睡眠不足などが原因で残尿感が発生する場合もあります。

何が原因なのか解明するためにも病院に行って検査をしてください。

水分を控えるだけでは頻尿は改善しない

水分の摂取を控えると頻尿が改善しそうな気がしますが、効果はあるのでしょうか?

結論からいうとそれだけで頻尿を改善するのは難しいです。

寝ている時にオシッコで目が覚めてしまう場合、寝る前の水分摂取を控えるのはいいかもしれません。

ただ、過剰に飲んでいる場合を除き、日中の頻尿は水分摂取を控えても変わらないと思っていいでしょう。

それどころか水分をあまりにも控えると脱水症状を起こしたり、膀胱炎のリスクを高めてしまいます。

頻尿を治したい気持ちは分かりますが、ほとんど意味がないですし、体調を壊す危険もあるので、適度に水分は摂ってください。

目安量よりも摂っていない人が多いので、逆に意識して摂った方がいいです。

しかし、摂り過ぎもいけません。

水分を摂り過ぎると身体がむくんでしまったり、水中毒を引き起こす可能性があります。

水中毒を起こすと最悪の場合、命を落とす危険もあるので、過剰摂取にも気をつけてください。

1日1.5リットル程度を目安にしましょう。

過活動膀胱

過活動膀胱とは膀胱の筋肉が過剰に収縮し、強い尿意を伴う排尿障害のことをいいます。

過活動膀胱とは、尿がたまっていないのに強い尿意に襲われる病気です。

膀胱の柔軟性低下が主な原因です。

これが原因で頻尿を起こしている人が多いです。

青竹や健康器具を踏むことで、頻尿が改善されます。

骨盤底筋を鍛えて頻尿改善する

頻尿の原因にもよりますが、運動で改善できる場合もあります。

加齢や運動不足によって、尿道や子宮、膀胱などを支える骨盤底筋が衰えます。

この骨盤底筋の衰えが原因で頻尿を起こしている場合、運動が非常に効果的です。

ただ、運動なら何でもいいというわけではありません。

骨盤底筋を鍛えられる運動をする必要があります。

やり方は簡単なので、運動が苦手な人でもすぐに始められます。

5秒~10秒ほど肛門・膣をぎゅっと締めて、ゆっくりと緩めてください。

この締める、緩めるといった動作を1日10程度行います。

すると骨盤底筋が強化され、頻尿が改善します。

効果が出るまで時間がかかるので、毎日続けることが大切です。

最低でも3ヶ月くらいは続けないと効果を実感できないと思ってください。

また、スクワットやストレッチなども骨盤底筋の強化に効果があるといわれているので、試してみるのもいいでしょう。

ストレッチの場合、血行も良くなるので冷え性改善にも繋がります。

尿トラブル頻尿 男性の意外な原因と対策

頻尿に悩む男性をエコー検査したところ、前立腺肥大症が判明しました。

前立腺が肥大すると膀胱が過敏になり、頻尿となります。

お酒と頻尿の関係

お酒と頻尿は深く関係しており、アルコールを摂取するとトイレが近くなります。

では、どうしてトイレが近くなるのでしょうか?

その理由は以下の通りです。

  • 利尿作用がある
  • 膀胱粘膜が刺激される
  • チラミンの影響

そもそもお酒には尿意を促す利尿作用があります。

利尿作用により、トイレの回数が多くなると喉が渇きやすくなるので、水分をたくさん摂取します。

その結果、さらにトイレが近くになります。

また、お酒を飲むと膀胱粘膜が刺激されます。

膀胱粘膜が刺激されると尿意を感じやすくなります。

特にビールはこの傾向が強いです。

そして、ワインに含まれているチラミンという成分は交感神経を刺激します。

交感神経が刺激されるとトイレが近くになります。

お酒を飲むと頻尿になるのは、こうしたことが関係しています。

当たり前ですが、頻尿の人がお酒を飲むとますます症状が悪化するので注意してください。

頻尿の人はくれぐれもお酒を飲み過ぎないようにしましょう。

多くの方が悩む夜のトイレ

泌尿器トラブルのアンケート調査では、夜間頻尿の悩みが最も多かったそうです。

夜間頻尿の原因は、過活動膀胱や睡眠障害などです。

寝ている間に下半身にどれだけ水分がたまるのか実験しました。

生活習慣病があると夜間頻尿になりやすく、早死にするケースもあります。

頻尿による夜のトイレ対策法

頻尿による夜のトイレ対策法として、あおむけ足上げ、ふくらはぎマッサージがあります。

また、弾性ストッキングやふくらはぎのサポーターを着用すると、脚のむくみを防止できます。

頻尿の相談は泌尿器科と女性は産婦人科も

頻尿を相談したい場合、排尿トラブルなので泌尿器科を受診するのが一般的です。

内科でも診てもらうことはできますが、泌尿器科の方が適切な診断・治療を受けられます。

女性の場合は泌尿器科ではなく、産婦人科でも問題ありません。

泌尿器科だと男性がいて恥ずかしいという人は産婦人科を受診するのもいいでしょう。

また、頻尿以外にもなにか症状がある場合は総合病院を行くという選択肢もあります。

総合病院であれば様々な病気に対応できるので、色々な病院に行かずに済みます。

病院に行くと必ずどのような症状なのか、いつから症状が出ているのかなどを聞かれるので、正しく伝えられるように準備しておきましょう。

持病を抱えていて薬を服用している場合は、その薬の名前をメモして医師に伝えてください。

治療方法が原因によって異なります。

ただ、症状が軽い場合は薬物療法や生活習慣のアドバイスで改善するケースが多いです。

尿の回数が多いと感じる人は不安を解消するためにも一度病院に行きましょう。

Twitterでのゲンキの時間でやってた頻尿への反応

-Twitterまとめ, 健康情報, 生活の知恵, 病気の症状
-, , , , , ,

© 2023 アラ還おやじのコーヒータイム!これっていいんじゃない?