Twitterまとめ 健康情報 旬な話題 生活の知恵 話題の物

キラーT細胞が新型コロナにも交差反応

※画像はイメージです

風邪の原因となる季節性コロナウイルスに感染した経験がある人が新型コロナウイルスに抵抗性を示す交差反応。

これは、季節性コロナに感染した細胞を排除した記憶を持つキラーT細胞が担っている可能性があることが、実験結果で分かったそうです。

この実験結果を発表したのは、理化学研究所の清水佳奈子上級研究員や藤井真一郎チームリーダーらです。

国際科学誌コミュニケーションズ・バイオロジーに発表したそうです。

交差反応が起きる割合は不明とのことです。

しかし、藤井真一郎チームリーダーは、

「新型コロナの日本人の感染者数や重症化の割合が欧米より少ない一因ではないか」

との見方しているそうです。

さらに、

「ワクチンで抗体が増えない場合の治療法開発を期待できる」

と言うことです。

 

キラーT細胞

キラーT細胞は、細胞傷害性T細胞と言われるリンパ球T細胞のうちの一種です。

宿主にとって異物になる細胞、例えば、移植細胞やウイルス感染細胞、癌細胞などを認識して破壊します。

キラーと呼ばれる由縁は、病原体を殺す殺し屋ということから来ています。

 

交差反応

一般的な意味での交差反応性は、予期した主反応以外の反応を開始する被験物質の反応性です。

このことは、医学における診断テストを含む、あらゆる種類のテストやアッセイに影響を及ぼし、偽陽性の原因となる可能性があります。

免疫学では、交差反応性の定義は、特に抗原に対する免疫系の応答を指します。

免疫系と2つの異なる病原体の抗原との間、あるいは1つの病原体と非病原体上のタンパク質との間に交差反応が起こる可能性があり、これがアレルギーの原因となる場合もあります。

 

TwitterでのキラーT細胞への反応

 

-Twitterまとめ, 健康情報, 旬な話題, 生活の知恵, 話題の物
-, ,

© 2022 アラ還おやじのコーヒータイム!これっていいんじゃない?