Twitterまとめ 健康情報 旬な話題 生活の知恵 話題の物

ステルスオミクロンより強毒なデルタ変異が国内に現れる

オミクロン株が猛威を振るい、27日も全国の新規感染者数は7万8931人と、過去最多を更新しました。

この第6波は、来月上旬にもピークを迎えて、収束に向かうという見方がありますが、まだ安心はできそうにありません。

そして、早くも第7波が発生する可能性が高まっています。

と言うのも、新たな変異株の存在が2つも明らかになったのです。

現在、デンマークで感染拡大しているのが、ステルスオミクロンと呼ばれる従来のオミクロン株の亜種です。

オミクロン株より感染力が強く、デンマークでは急速に置き換わりが進んでいます。

デンマークの国家血清研究所の研究者、アンダース・フォムスガード氏は、従来のオミクロン株に感染した人が亜種に再感染する恐れがあると指摘し、感染拡大のピークが2回ある可能性に触れています。

デンマークのみならず米国やフランス、インドなどで感染例が確認され、日本でも27例見つかっています。

京都大の西浦博教授の分析によると、従来のオミクロン株より感染力が18%高いそうです。

デルタ株の変異株がすでに国内で確認

さらに衝撃的なのは、オミクロン株より毒性の強いデルタ株の変異株が、国内で発生していることです。

東大先端科学技術研究センターの児玉龍彦名誉教授がアドバイザーを務める新型コロナウィルス抗体測定協議会の23日付のリポートによると、昨年12月中旬から東京を中心に発見されているそうです。

感染力や重症化率などは、まだ不明ですが、協議会は、懸念すべき状況と警鐘を鳴らしています。

デルタ株といえば、昨年夏の第5波で猛威を振るい、多くの死者を出しました。

約2ヶ月にわたり、連日、数十人の死者が発生しました。

高齢者のみならず、30代以下の世代でも死者が出ました。

自宅で亡くなる例も続出しました。

もし、デルタ変異株も同じような強毒性なら、恐ろしい話です。

WHOは今年に終えられる可能性との見解

WHOのテドロス事務局長は、今月24日、2020年1月末に宣言した国際的に懸念される公衆衛生上の緊急事態について、今年に終えられる可能性があると表明しました。

もし、今年でコロナ禍が落ち着くならば、大変、喜ばしいことですが、2つの変異株の存在は不気味な影となっています。

第7波はやってくるのか

置き換わりが進み第7波の襲来の可能性もあるのでしょうか。

昭和大医学部客員教授の二木芳人氏は、

「ウイルスは複製の際にエラーが起きることがままあるので、亜種の発生は不思議なことではありません。注意しなければならないのは、亜種がどのような特性を持っているのか、ということです。今回のオミクロン株の亜種が従来株から置き換わり、第6波の『山』を大きくする恐れがあるでしょう。また、オミクロン株の次の変異にも要注意です。今後、第7波が発生することが考えられますから、まだまだ油断は禁物です」

と話しています。

2020年1月にコロナが国内で初確認されて以降、第1波は、一昨年3月に、大阪府で医療崩壊を招いた第4波は、昨年3月に発生しました。

第7波襲来は、2か月後かもしれないとの話もあります。

Twitterでのデルタ変異への反応

-Twitterまとめ, 健康情報, 旬な話題, 生活の知恵, 話題の物
-, ,

© 2022 アラ還おやじのコーヒータイム!これっていいんじゃない?