アウトドア

川遊び!川に入って魚捕りに挑戦しよう!

川に入って昔の人のように網や手づかみで魚を捕ってみましょう。

川の上、中流で遊ぶのなら、岸から釣り糸を垂らして釣りだけ楽しむのではなく、川に入って、網やモリで魚捕りに挑戦してみるのも楽しいです。

道具がなかったら、手づかみだってOK!

魚たちとの追いかけっこも楽しいはずです。

スポンサーリンク



魚捕りに最適な場所

魚捕りに最適な場所を知っているだけで、魚捕りが楽しくなってしまいます。

大きな石が多い場所

石の下は、魚が隠れるのにもってこいの場所です。

人の気配を感じ取ると、魚は隠れるために、石の下に移動します。

岸部が草で覆われている場所

草に覆われた岸ぎわは、魚の大好きな場所です。

隠れやすい場所ですからね。

草の周りなどに隠れていますが、探すときに深みには気をつけてください。

スポンサーリンク



魚捕りの道具

魚捕りにあると便利な道具達です。

モリ

昔からある漁具ですね。

柄を手に持って、ゴムの反動で魚を突き刺して捕る道具です。

サデ網

網の口が大きくて、魚をたくさん取ることができる網です。

四つ手網

狭い場所に仕掛けて、魚を網の中へ追い込んで、魚が入ったら引き上げるという使い方をする網です。

タモ網

柄の長さや網の形はさまざまあります。

網の目が細かくて、軽いものが使いやすいです。

スポンサーリンク



魚捕りの方法

魚捕りの方法にもいろいろありますが、川でできる方法は主に三つです。

手づかみ、網で取る、モリで刺す。

この三つの方法で魚捕りに挑戦してみましょう。

手づかみ

岩場や浅瀬に追いこんだら、魚の前後から両手で幅を狭めるようにして手を近付けて、最後は岩肌に押しつけるようにして一気に捕まえます。

結構、難しいだけに、捕まえたときのうれしさは大きいです。

網で捕る

網を下流側にして仕掛けておいて、水をパシャパシャやりながら、網の方へ魚を追い込んでいきます。

川底や岸との間にスキマがあると逃げられてしまいますから、網は、しっかりと仕掛けましょう。

モリで刺す

泳いでいる魚をモリで刺してみましょう。

結構、難しいです。

テクニックが必要ですが、モリで魚を刺すことができたら、魚捕りも一人前ですね。

スポンサーリンク



川で捕れる主な魚

川で捕れる主な魚たちを見てみましょう。

カマツカ

身体は細長くて、下に長く尖った口先をしています。

驚くと川底の砂の中に隠れてしまいます。

オイカワ

全長15㎝ほどの大きさです。

背中は、灰青色で体側から腹側は銀白色をしています。

体側に淡いピンクの横斑があります。

三角形の大きな尻ヒレが特徴です。

カジカ

平べったい大きな頭と大きな口に特徴を持っています。

流れの速い清流に生息していて、大きめの石の下に隠れています。

アブラハヤ

体が粘液に包まれています。

ですから、触るとヌルヌルします。

エサは、エサになるものであれば何でも食べる魚です。

スポンサーリンク



-アウトドア
-,

© 2020 アラ還おやじのコーヒータイム!これっていいんじゃない?