健康情報 生活の知恵

白髪が目立つアラ還おやじの頭を何とかしたい!

それ相応の年だということだろうけど、この白髪頭を何とかしたいと悩んでいるアラ還おやじです。

乙女のごとく、いつまでも若々しくいたいと、まるでおばさんのような心境で白髪に良いと言われることを探し、漁りまくる今日この頃。

みなさん、いかがお過ごしでしょうか?(笑)

と何故か支離滅裂なアラ還おやじです。

年をとっての白髪はある程度仕方ないとはいえ、それでも白髪の量を最小限に抑えるべくいろいろと試しています。

スポンサーリンク



本当に白髪に効くの?ウエストのローリング刺激

イスを使って一度に2つのツボを押す、ウエストのローリング刺激が白髪に効くということで、本当かよ?と思いながらも試してみたアラ還おやじです。

東洋医学では、髪は「腎」と深い関係があると言われているそうです。

俗に、肝腎かなめとも言いますから、腎と肝は大切なものというのはわかります。

が!

それと髪の毛とどんな関係がある?

これ、率直なアラ還おやじの疑問です。

腎を調節するツボが腎兪と志室というツボだそうです。

このツボを刺激するために、キャスターなどがついていない動かないイスを用意するということでしたんで、さっそく用意しました。

イスの背の角にウエストラインがくるようにして背中を反らして、体を左右に揺らすことで先ほどの腎兪と志室のツボを同時に刺激するということです。

腎兪のツボと志室のツボ。

2つの腎のツボを刺激することで生命力を復活させるということですが、何とも納得いかないまま試してみるアラ還おやじ。

納得いかないままでやっても効果無いんじゃないかと止めました(笑)

スポンサーリンク



ハーブのパワーが白髪を防いでくれる!セージのリンス

ピリッとした辛みとさわやかな香りがあって、油っこい肉料理なんかにピッタリのハーブ、セージ。

古来から、抜け毛や白髪などの髪のトラブルにも効果があると言われているそうです。

セージに含まれている、ピネン、シネオール、タンニンなどの成分には、抗菌、収れん作用があって、頭皮を清潔に保って、血行を促進してくれるそうです。

ハーブ店やスーパーなんかで手軽に手に入るということだったんで、カミさんにお願いして買ってきてもらいました(笑)

セージを濃いめのお茶にして、リンス代わりにして使うだけということで、今、使っています(笑)

効果があるのかどうか、自分的には疑問なんですが、カミさんいわく、ちょっと白髪が減ってきたような気がするということです。

そういうことなんで、しばらく使ってみようと思います。

スポンサーリンク



つるどくだみと黒ゴマとを組み合わせはバツグンの白髪改善効果!

タデ科の植物のつるどくだみのエキスは白髪予防剤なんだそうです。

昔、中国でかしゅうという人が、つるどくだみの根を飲んでいて、130歳になってもつやつやで黒い髪をしていたという言い伝えがあるそうです。

このつるどくだみのエキスに抜け毛を防ぐ効果がある黒ゴマを加えた烏髪糖というものが食べやすく、作り方も簡単ということで、カミさんに作ってもらいました(笑)

烏髪糖を毎日数回、大さじ2~3敗食べるとつややかで若々しい黒髪になるということです。

烏髪糖の作り方

  • つるどくだみ200gを漢方薬店から買って、くるみと黒ゴマ200g、はちみつ100gを用意します。
  • つるどくだみを蒸して薄く切り、4カップ水に入れて、水が半分になるまで煎じます。
  • それをガーゼでこして冷やします。
  • くるみは渋皮をとって、良質な油でサッと炒めます。
  • その後、黒ゴマと一緒にミキサーやすり鉢ですり合わせます。
  • 全ての材料を混ぜて、密封容器に入れて保存します。

さて、本当にアラ還おやじの白髪は変わるのか?

楽しみです(笑)

スポンサーリンク



-健康情報, 生活の知恵
-, , , ,

© 2020 アラ還おやじのコーヒータイム!これっていいんじゃない?