ネットの知恵 生活の知恵

【重要】お客様の【SAISON CARDカード】が第三者に利用される恐れがあります!という身に覚えのないメールが届きました

【重要】お客様の【SAISON CARDカード】が第三者に利用される恐れがありますという身に覚えのないメールはフィッシング詐欺サイトからのメールです。

SAISONカードを名乗るフィッシング詐欺サイト誘導メールは、初めて届きましたが、やはりタイトルも色んなパターンがあるようです。

今回は、アカウントの個人情報を更新できなかったという名目でのフィッシング詐欺サイト誘導メールです。

アカウントの個人情報を確認して更新しろというパターンのフィッシング詐欺サイト誘導メール。

残念ながら、アラ還おやじ、SAISONカードは所有しておりません(笑)

そして、誘導しようとする先の表示URLは、SAISONカードになっていますが、マウスでカーソルをあてがってみると、SAISONカードとはまったく関係のないドメインが表示されます。

ただ、最下部のクレディセゾンのバナーだけ、リンク先がSAISONのドメインになっています。

このバナーのリンク先だけ、偽のログイン画面への誘導リンクに置き換え忘れたのでしょうか?

日本語の使い方も微妙におかしく、何とも間の抜けている感じのするフィッシング詐欺サイト誘導メールです。

これまで、色んな企業名を名乗ったフィッシング詐欺サイト誘導メールについてご紹介しました。

今回のSAISONカードを名乗るパターンも、あわてていると引っかかってしまいます。

しかし、落ち着いて見てみれば、フィッシング詐欺サイト誘導メールということは、すぐに判断がつくはずです。

と言っても、やはり、思わず見間違えてしまうほど精巧に作られた、偽のSAISONカードのログイン画面へと誘導されるというのは変わりありません。

これまでも別パターンのフィッシング詐欺サイト誘導メールについてご紹介したときに説明いたしましたが、気づかずに、そのまま情報を入力してしまうと、ログイン情報などの個人情報を抜き取られますから、絶対に、メール内のリンクをクリックしないでください。

【重要】お客様の【SAISON CARDカード】が第三者に利用される恐れがありますという身に覚えのないメールへの対処方法

今日も、またまた、しつこく定型文での注意喚起です(笑)

それでも、念のため、対処方法のご紹介をしていきます。

フィッシング詐欺サイト誘導メールへの対処方法は、不特定多数の方々が、これでもかというくらいに紹介しています。

なので、知っている方がほとんどだと思います。

それでもしつこく、繰り返し、繰り返し注意喚起を促すために、対処方法を記載しておきます。

  • 身に覚えのない内容のメールに記載されてるリンク、URLはクリックしない
  • リンク、URLをクリックしてファイルがダウンロードされる場合は開かない
  • 不明な添付ファイルは開かない
  • 宛先に自分以外の複数のメールアドレスが入っているメールは開かない
  • メール本文に掲載されている電話番号へ連絡しない

そして、もし、誤って不審なメール内のリンクをクリックしてしまったら、速やかに下記の対応を行いましょう。

  1. ただちに無線LANをOFFにするかLANケーブルを抜く
  2. セキュリティソフトウェアでPC内を検査し結果を確認する
  3. 使っているPCにインストールしているウィルス対策セキュリティソフトウェアの会社にご相談する
  4. 住んでいる地域の警察のサイバー犯罪相談窓口に相談する

【重要】お客様の【SAISON CARDカード】が第三者に利用される恐れがありますという身に覚えのないメールは詐欺です

フィッシング詐欺業者が、所持率や利用率の高い企業名を片っ端から名乗りメールを送り続けてくるのは、フィッシング詐欺と見破られて、開封率が落ちているからなのではないでしょうか。

それでも、ここまでしつこくメールを送り付けてくるのはなぜか?

それは、いまだに、騙される人がいるということです。

今後もこのようなフィッシング詐欺サイトへの誘導メールは、増えていく一方です。

その手口は、ますます巧妙になっていくはずです。

単純に偽サイトに誘導。

と言うことだけではなく、メールを開封した瞬間に、個人情報を抜き取るというような悪質なウイルスに感染したり、、巧妙に個人情報を引き出すという手口を使ってくる。

そのために、大きな被害を受けるということが出てくる可能性が大きいです。

そのことを、頭の隅に置いておき、気をつける必要があります。

まずは、

  1. 身に覚えのない件名のメールは、開封NGです!
  2. 身に覚えのない件名のメールは、速やかに削除です!

これを心がけていれば、騙される確率が低くなります。

そして、削除したメールは、ごみ箱からも削除するというように徹底しましょう。

【重要】お客様の【SAISON CARDカード】が第三者に利用される恐れがありますという身に覚えのないメールの全文を参考までに掲載します

初めてのパターンです。

SAISONカードを名乗ったフィッシング詐欺サイト誘導メールが届きました。

さすがに、Amazonや楽天だけ名乗っても、騙されなくなってきたのでしょうか❔

それとも効率が悪いと考えたのでしょうか?

色んな企業名やサービス名を名乗って、執拗に送り付けてきています。

その執拗さは、あきれ返ってしまうほどのフィッシング詐欺サイト誘導メール業者。

アラ還おやじは、カモとしてロックオンされたのでしょうか?(笑)

必死に詐欺メールを送り付けてきます。

今回もまた、注意喚起として届いたフィッシング詐欺サイト誘導メールの全文の掲載です。

皆さん、くれぐれも、騙されないように注意してください。

いつも「Netアンサー」をご利用いただき、ありがとうございます。

残念ながら、あなたのアカウント
Netアンサー個人情報を更新できませんでした。
これは、カードが期限切れになったか。請求先住所が変更されたなど、さまざまな理由で発生する可能性があります。

アカウント情報の一部が誤っている故に、お客様のアカウントを維持するため
Netアンサー人情報を確認する必要・ェあります。今アカウントを確認できます。

このサービスは、Netアンサーメンバー専用の通知サービスです。このメールの内容にご注意いただき、不必要な紛失を避けてください。

Netアンサーパスワ会員検証ログイン

※このメールはNetアンサーから自動配信しております。
※このメールでは、第三者による不正使用の可能性を検知しましたので、ご連絡を差しあげました。
※本メールにご返信いただきましても、ご質問?ご依頼などにお答えできませんので、あらかじめご了承ください。
※メールに関する各種お手続き方法につきましては、以下をご確認ください。
https://www.saisoncard.co.jp/netanswer/mail_toiawaseomsqer.html

株式会社クレディセゾン 〒170-6073 東京都豊島区東池袋3-1-1 https://www.saisoncard.co.jp

Copyright (C)CREDIT SAISON CO.,LTD. All Rights Reserved.

フィッシング詐欺の関連記事

メール詐欺関連の記事はコチラです。

● 楽天を名乗ったセキュリティ通知#6238C!という怪しいメールが届きました
● 三井住友カードを名乗った本メールはドメインの運用(メール送受信やホームページの表示)に関わる!という意味不明のメールが届きました
● 楽天を名乗ったあなたのアカウントは異常行為で制限されています!という怪しいメールが届きました
● JCBカードを名乗ったカードご利用内容の確認のお願い!という身に覚えのないメールが届きました
● Amazonを名乗った【重要なお知らせ】利用規約違反によるアカウント10日停止措置について。ご利用いただきありがとうございます。!という意味不明のメールが届きました
● 【三井住友カード】ご利用確認のお願い!という身に覚えのないメールが届きました
● 【重要】Amazonアカウントが一時的に停止されています!という怪しいメールが届きました
● 郵便局を名乗った配達番号491!という意味不明のメールが届きました
● 宅急便お届けのお知らせ!という意味不明のメールが届きました
● JCBを名乗ったお客様のJCBアカウントがロックされている!という身に覚えのないメールが届きました
● 楽天カードを名乗った【重要】お支払い方法の情報を更新!という身に覚えのないメールが届きました
● ■2020-10-13配達予定■ご注文ありがとうございます。!という意味不明のメールが届きました
● Amazon すぐに設定を変更してください!という意味不明のメールが届きました
● セブンイレブン【無料クーポン】配布!という怪しいメールが届きました
● Amazonを名乗ったアカウント認証を行ってください!という怪しいメールが届きました
● Amazon Pay ご請求内容のお知らせ!という身に覚えのないメールが届きました
● 【メルカル】ご購入ありがとうございます!という身に覚えのないメールが届きました
● 回復:あなたのアカウントは停止されました!という怪しいメールが届きました
● 【ETCカード有効期限について】重要なお知らせ!という怪しいメールが届きました
● 「重要」ログインのお知らせ!という怪しいメールが届きました
● MyJCBカードダイレクトをご利用いただき、誠にありがとうございます!という意味不明のメールが届きました
● 楽天を名乗ったお支払い情報が使えません!という意味不明のメールが届きました
● Amazon.co.jpというタイトルでお支払いの確認という意味不明のメールが届きました
● アカウントが停止されました!という意味不明のメールが届きました
● あなたの情報!という意味不明のメールが届きました
● [NTTドコモ]-【アカウント情報エラー】ラポランID : BUKMRHDB-928というメールが届きました
● Amazon あなたのアカウントは停止されました!という意味不明のメールが届きました
● 【重要】三井住友カード!という意味不明のメールが届きました
● アカウント異常! 閉まっている!!という意味不明のメールが届きました
● 更新情報リマインダー!という意味不明のメールが届きました
● Amazon Services Japan1回限りの A mazon アカウント仮パスワード!という意味不明のメールが届きました
● 安全センターにご登録のアカウント(名前、住所、その他個人情報)の確認!という意味不明のメールが届きました
● LINEにご登録のアカウント(名前、パスワード、その他個人情報)の確認!という意味不明のメールが届きました
● この措置を講じましたが、ご提供いただいた情報がカード発行会社のファイルの情報と一致していません。!という意味不明のメールが届きました
● アカウントのセキュリティ!という意味不明のメールが届きました
● 【楽天市場】お支払い方法を更新してください(自動配信メール)!という意味不明のメールが届きました
● BTCBOX緊急問題!という意味不明のメールが届きました
● 自分のメールアドレスからFinal reminder Manage your i.Cloud!という意味不明のメールが届きました
● お支払い方法の情報を更新!という意味不明のメールが届きました
● お客様のアマゾンでのご注文を出荷できません!という意味不明のメールが届きました
● 自分のメールアドレスからVerification required app store!という意味不明のメールが届きました
● Amazonプライムの自動更新設定を解除いたしました!という意味不明のメールが届きました
● 「振込 他の金融機関口座への送金」という意味不明のメールが届きました
● あなたのアカウントはロックされています!という意味不明のメールが届きました
● Chánge your pássword ímmediátely. Your áccount hás been hácked.!という意味不明のメールが届きました
● 0120250328という番号からご利用料金の確認が取れておりませんという意味不明のショートメールが届きました
● 【楽●天】アカウント変更アラート!という意味不明のメールが届きました
● 楽天市場 セキュリティアラート Google Chrome for Windows(デスクトップ)新しいサインイン!という意味不明のメールが届きました
● なえさんからメールが届きました。!という意味不明のメールが届きました
● LINE緊急問題!という意味不明のメールが届きました
● [楽天]会員情報変更のお知らせ!という意味不明のメールが届きました
● 三井住友銀行カード 重要:必ずお読みください!という意味不明のメールが届きました
● Account Verification!という意味不明のメールが届きました

-ネットの知恵, 生活の知恵
-, ,

© 2020 アラ還おやじのコーヒータイム!これっていいんじゃない?