Twitterまとめ 雑学

漫画家イエナガの複雑社会を超定義は神の領域ゲノム編集でDNAを操作の巻だった

昨日の漫画家イエナガの複雑社会を超定義は、神の領域、ゲノム編集でDNAを操作の巻でした。

神の領域への挑戦ゲノム編集でDNAを操作

肉厚マダイは、世界で初めて流通した動物性のゲノム編集食品です。

マダイの遺伝子を操作し、食べられる部分を通常の1.6倍にしました。

他にも成長速度が1.9倍のトラフグもあります。

これを可能にしたのが

「クリスパー・キャスナイン」

つまり

「CRISPR-Cas9」

と言うゲノム編集技術です。

自然界で数万年かかる進化を、数時間で人の手で狙い通りに起こすことができる驚異的な技術です。

「クリスパー・キャスナイン」

「CRISPR-Cas9」

は、ノーベル化学賞も受賞しました。

人間への応用も含めて、その研究の裾野は広がり続けています。

一方で、安全性や倫理的な問題への議論もあります。

トレイサーRNA

生物は無数の細胞1つ1つにDNAを含んでいます。

DNAには生物の容姿・能力・性格などを決定する遺伝情報が刻まれています。

その遺伝情報の総体をゲノムと言います。

これを改変するのがゲノム編集です。

フランス人科学者のエマニュエル・シャルパンティエはある日、細胞の中に

「トレイサーRNA」

を発見しました。

細胞は常にウイルスから狙われています。

ウイルスが侵入すると免疫システムが応戦します。

キャスがウイルスのDNAのを切り刻み、クリスパーと呼ばれる保管庫にファイリングします。

クリスパーRNAが保管庫の情報をもとに、侵入したウイルスが敵かどうかを判定します。

クリスパーRNAがキャスをウイルスのもとへ連れて行こうとします。

しかし、クリスパーRNAと2人きりの行動はキャス的にNGです。

そこで登場するのがトレイサーRNAで、キャスを説得し、ウイルスのもとへ同行します。

キャスがウイルスを撃退します。

エマニュエル・シャルパンティエの発見の前までは、キャスがどうやってウイルスのもとへ向かうのか分かっていませんでした。

この免疫システムに気づいた時、エマニュエル・シャルパンティエは、

「このシステムを人や動物に応用できるのでは?」

と考えました。

その後、エマニュエル・シャルパンティエは、アメリカの構造生物学者ジェニファー・ダウドナと共同研究を開始し、わずか1年半で新しいゲノム編集技術の開発に成功しました。

さらに、クリスパーRNAとトレイサーRNAを一体化させたガイドRNAを作成し、より早く正確にゲノム編集ができるようになり、この技術は

「CRISPR-Cas9」

と名付けられました。

これまで数年かけて行われていたゲノム編集が数週間でできるようになりました。

2020年にエマニュエル・シャルパンティエらは、ノーベル化学賞を受賞しました。

「CRISPR-Cas9」

は医療や農業、エネルギー、食品などあらゆる分野で応用され始めています。

安全性に関する議論もありますが、遺伝子組み換え食品のように外から遺伝子を組み込むのではなく、たくさんの遺伝子の中から狙った遺伝子だけに変異を起こすと言うもので、従来の品種改良より安全性が高い手法だと考えられます。

しかし、ごくまれに狙った遺伝子以外を傷つけてしまうこともあり、消費者の知る権利を守る上で表示義務が必要という意見もあります。

ゲノム編集への期待

ゲノム編集への期待は高く、マラリア撲滅など感染症対策にも活用されています。

遺伝子ドライブという技術を用いて、マラリアを媒介する蚊の性発達に関する遺伝子を改変して生殖能力の低い蚊を作ります。

通常、DNAは両親から半分ずつ受け継がれるため、変異は代を重ねるごとに薄まっていきます。

しかし遺伝子ドライブを使った技術では、100%子孫に伝わっていくため、蚊を激減させることができます。

さらに、ゲノム編集では生物を復活させることもできます。

2021年9月、ハーバード大学のジョージ・チャーチ教授らは、アジアゾウのDNAを書き換えてマンモスを復活させて、北極のツンドラ地域に放つという計画を発表しました。

一方で、遺伝子ドライブやマンモスの復活計画には、生態系への影響や倫理的な意味での批判の声もあります。

そんな中、ゲノム編集はがん細胞縮小など医療にも応用され始めています。

また、遺伝子工作キットを使って一般の人が生物研究をすると言うことも現実となっています。

中国では、ある科学者が人間の受精卵をゲノム編集し、エイズウイルスに感染しにくいように遺伝子を改変したデザイナーベイビーを誕生させました。

世界中から非難が殺到し、不法な医療行為を理由に懲役3年の実刑判決が下りました。

今のところ、世界の共通認識は、たとえ治療目的でも受精卵など生殖細胞のゲノム編集は許されないとなっています。

変異が子孫にも伝わる可能性や、差別や格差を生み出す可能性があることなどがその理由です。

Twitterでの漫画家イエナガの複雑社会を超定義でやってた神の領域ゲノム編集への反応

-Twitterまとめ, 雑学
-, , ,

© 2023 アラ還おやじのコーヒータイム!これっていいんじゃない?