Twitterまとめ 生活の知恵

いじめ加害者に学校への立ち入り制限と言う懲戒制度

いじめの被害者を守るため、加害者側の児童生徒に学校の敷地に入らないことを命じる新たな懲戒制度の創設が検討されるようです。

いじめ対策を検討する自民党の作業部会が提言案をまとめたとのことです。

文部科学省は、提言を受け、具体的な検討を始める考えと言うことです。

新しい懲戒制度の名称は、現段階では仮称と言うことですが、

「分離措置」

と呼ばれるようです。

いじめが繰り返されて被害が深刻化したり、緊急性が高かったりした場合、校長の権限で行うものだそうです。

教育委員会ではなく、校長権限で行うため、迅速に対応できる利点があります。

現在も、加害者の登校を制限する

「出席停止」

の制度がありますが、手続きが煩雑で、2020年度は、全国で1件しかなかったそうです。

北海道旭川市で2021年に中学2年の女子生徒が凍死した問題でも、いじめの認定までに3年近くかかり、女子生徒は、加害生徒がいる中学から転校を余儀なくされていました。

Twitterでのいじめ加害者に学校への立ち入り制限への反応

-Twitterまとめ, 生活の知恵
-, , , ,

© 2022 アラ還おやじのコーヒータイム!これっていいんじゃない?