Twitterまとめ 旬な話題 生活の知恵 話題の物

セブンイレブンが25年までにセルフレジを全国展開

セブンイレブンは、来店客が店員を介さずに自分で商品のバーコードを読み取って決済するセルフレジを、2025年までに全国の店舗で導入するそうです。

従業員のレジ打ち負担を減らすとともに、コロナ禍でニーズが高まった非接触販売を強化する狙いがあるそうです。

セブンイレブンは、店員が商品のバーコードを読み取り、客が会計操作を行うセミセルフレジを2020年9月から順次、導入してきました。

2021年8月末までに設置を完了し、全国約2万1000店のうち、約9割に広がりました。

今後は、セミセルフレジを発展させ、来店客が自ら商品を読み取り、支払いできるようにするそうです。

一部の店舗で実験したうえで2025年までに全国展開するそうです。

公共料金の支払いや、年齢確認が必要な酒類、たばこの販売は店員がレジで対応するそうです。

クレジットカードや電子マネーといったキャッシュレス決済の専用セルフレジも活用するそうです。

レジ打ちは、従業員の業務の約3割を占めるとされます。

コンビニなど小売店は、人手不足が慢性化しており、従業員1人あたりの負担が増えています。

セルフレジの導入で業務環境の改善と人件費の抑制につなげるそうです。

Twitterでのセルフレジへの反応

-Twitterまとめ, 旬な話題, 生活の知恵, 話題の物
-, ,

© 2022 アラ還おやじのコーヒータイム!これっていいんじゃない?