Twitterまとめ 芸能スポーツ関連 食べ物情報

グレーテルのかまどでやってたミルクレープ

グレーテルのかまどで、小説ライオンのおやつに出てくるミルクレープをやっていました。

ライオンのおやつの中で、ミルクレープが登場し、ミルクレープの生地の間に、冷蔵庫にあったいちごジャムやマーマレードなどを挟みました。

焦がしバターで風味豊かなミルクレープを作る

ライオンのおやつのミルクレープを調理しました。

ライオンのおやつのミルクレープの作り方

  1. バターを焦がす
  2. 薄力粉・グラニュー糖・塩を混ぜ、中央にくぼみを作り全卵・牛乳を入れて中心から混ぜる
  3. 焦がしバターを入れて混ぜたら、残りの牛乳を入れて生地をこす
  4. ラップをして1時間休ませる
  5. クレープパンを回しながら生地を広げ、周りが色づいてきたら生地を裏返す
  6. 裏側をさっと焼いて取り出す
  7. マロンクリームを調理する
  8. マロンペーストにバターを少しずつ混ぜる
  9. マロンクリームを加えて混ぜ、牛乳を加えたら再び混ぜる
  10. 渋皮煮を細かく刻む
  11. クレープ生地にクリームを塗り、渋皮煮を散らす
  12. さらにクレープを重ねてホイップクリームを塗る
  13. マロンクリーム、ホイップクリーム、ホイップクリームの順番に重ねて、最後にサイドのクリームを整える
  14. ラップをして冷蔵庫で1時間休ませる

ライオンのおやつ

作家の小川糸さんは、母ががんになったことをきっかけに、残された時間を大切に生きるホスピスの人々を執筆しました。

こうして光を当てたのが、おやつにまつわる幸せな思い出でした。

小川さんの思い出のおやつは、明治生まれの祖母の手作りだそうです。

揚げ饅頭など地味に見えるものばかりで、友達のおやつは手作りケーキなど見た目も華やかでとても羨ましかったそうです。

小川さんが祖母に文句を言うと、孫のためにと慣れぬ洋菓子に挑戦しホットケーキを作ってくれたそうです。

小説ライオンのおやつ

小説、ライオンのおやつでは、主人公しずくが18歳で家で出てから父と疎遠になり、ホスピスへ入るときも連絡できませんでした。

ある日、ホスピスに父が訪れました。

この日のおやつは、思い出のミルクレープでした。

作者の小川さんは、

「おやつは普段の何気ない暮らしの中にちょっとした喜びや満足や幸せを添えてくれる存在」

と話しました。

Twitterでのグレーテルのかまどでやってたミルクレープへの反応

-Twitterまとめ, 芸能スポーツ関連, 食べ物情報
-, , ,

© 2022 アラ還おやじのコーヒータイム!これっていいんじゃない?