Twitterまとめ 芸能スポーツ関連

東名あおり運転の差し戻し審で検察側が懲役18年求刑

2017年に東名高速で起きた、あおり運転の末に一家4人を死傷させた事故。

その事故の被告の差し戻し裁判で、検察側は、懲役18年を求刑しました。

石橋和歩被告30歳は、2017年に東名高速で、萩山嘉久さん夫婦ら一家4人が乗ったワゴン車に対し、あおり運転をしたうえ追い越し車線で停車させ、後続のトラックの追突を招いて夫婦を死亡させた危険運転致死傷などの罪に問われています。

一審では、一旦、懲役18年の判決が言い渡されましたが、東京高裁は

「手続きに違法があった」

として審理を差し戻していました。

差し戻し審の場合一審で一度下された判決より重い刑罰をかすことはできない

これまでの裁判で石橋被告は

「相手の車が先に減速して止まった」

「自分は危険な運転はしていない」

と危険運転の罪について無罪を主張しています。

検察側は、今日30日の論告で

「執拗かつ危険で悪質な犯行」

と指摘した上で、

「本来は懲役23年が相当だが、一審で一度下された判決より、重い刑罰をかすことはできない」

として、石橋被告に懲役18年を求刑しました。

Twitterでの東名あおり運転への反応

-Twitterまとめ, 芸能スポーツ関連
-, , ,

© 2022 アラ還おやじのコーヒータイム!これっていいんじゃない?