Twitterまとめ イベント情報 兵庫 地方の話題 生活の知恵

4年間他校の公印を自校の卒業証書に押し続けた小学校

兵庫県尼崎市教育委員会の発表は、驚くべきものでした。

尼崎市立の小学校の1校が、今春までの4年間、他校の公印を誤って印刷した卒業証書を渡していたと言うのです。

どうやら印刷データを取り違えた模様です。

今春の卒業生がミスを発見。

それまで、誰も気づかなかったということです。

小学校は、今後、4年間の卒業生計553人の家庭を訪問して謝罪し、正しく印刷された卒業証書と取り換えるそうです。

尼崎市教委によると、卒業証書に印刷されている2種類の公印が、校名が一文字違いの近隣小学校のものになっていたと言うことです。

2018年度に、卒業証書への公印の押印を手作業から印刷に変更した際、尼崎市教委が、印刷システムの導入研修でサンプルとして示したデータが近隣小学校のもので、取り違えた可能性が高いと言うことです。

公印の印影は、篆書体で、教職員は気づかなかったそうです。

今春に卒業した児童が、漢字に詳しく、小学校に

「間違っている」

と問い合わせ、発覚したそうです。

尼崎市教委は

「ご迷惑をおかけして申し訳ない」

と陳謝したと言うことです。

Twitterでの古代文字への反応

-Twitterまとめ, イベント情報, 兵庫, 地方の話題, 生活の知恵
-, , ,

© 2022 アラ還おやじのコーヒータイム!これっていいんじゃない?