Twitterまとめ 旬な話題 気象情報・地震情報 生活の知恵 話題の物

暴風雪による交通障害に注意

暴風雪に関する情報です。

強い冬型の気圧配置の影響で、18日にかけて広い範囲で雪の降るところがあります。

日本海側を中心に猛吹雪、大しけとなるところもあります。

路面の凍結や吹きだまり等による交通障害に警戒し、なだれや着雪にも注意してください。

日本付近は、今日18日(土)も冬型の気圧配置です。

上空の寒気がピークとなり、日本海側の各地で断続的に雪が降り続いています。

積雪が急増した所もあり、交通障害や雪崩に警戒が必要です。

大雪の目安となる上空5500m付近で-36℃以下の強い寒気が北日本を通過中です。

北海道から山陰にかけて日本海側の各地に雪雲が広がっていて、一部で雲が発達しています。

特に北陸や関東北部の山沿いは昨夜から今朝にかけて一気に積雪が増え、10時の積雪は群馬県みなかみ町・藤原で63cm、新潟県湯沢町で46cm、岐阜県白川村で45cmを観測しています。

全国で最も多い青森県青森市・酸ケ湯は119cmに達しました。

市街地でも本格的な積雪になっている所が多く、富山市は9cm、兵庫県豊岡市で5cm、太平洋側の仙台市で2cmの雪が積もっています。

山沿いはさらに20~30cmの雪が積もる予想

午後になると寒気の中心は次第に東へ抜けていくものの、北陸から北日本の日本海側を中心に雪の降りやすい状況が続きます。

明日19日(日)朝までの24時間に、新たに積もると予想される雪の量は、北陸や東北南部の山沿いの多い所で30cm以上、東北や北海道の日本海側は内陸部を中心に20cm前後に達する見込みです。

路面状況がさらに悪化することが考えられ、急激に積雪が増加した山間部では新雪雪崩のおそれがありますので、警戒が必要です。

今夜は広範囲で路面凍結に注意

今夜は寒気の中心が抜けるものの、風が次第に弱まってくるため放射冷却現象が効きやすくなります。

今朝以上に冷え込む所が多く、道路にはほとんど雪が積もらなかった地域でも、濡れた状態だと凍結する見込みです。

ウェザーニュースによる明日19日(日)早朝の路面凍結予想では、日本海側の大部分が積雪状態で、やや気温が高い沿岸部ではシャーベット状やデコボコに凍結した状態になるとみられます。

雪がうっすらと積もったり、路面を濡らす程度だった太平洋側の内陸部はアイスバーンとなる予想です。

一見すると濡れているだけに見えるブラックアイスバーンになる所もありますので、車の運転は慎重に行ってください。

Twitterでの交通障害への反応

-Twitterまとめ, 旬な話題, 気象情報・地震情報, 生活の知恵, 話題の物
-, , , , , ,

© 2022 アラ還おやじのコーヒータイム!これっていいんじゃない?