Twitterまとめ 旬な話題 生活の知恵 話題の物 食べ物情報

たこわさびがトレンドに入っていたから調べてみた

たこわさびが生まれた経緯がとても面白いと言うツイートを見たんで、調べてみました。

たこわさび

たこわさびは、タコを用いた食べものです。

イイダコなどのタコを生のまま、ワサビ、酒、塩麹、調味料などと一緒に和えて塩辛にしたものです。

通称、たこわさです。

私も大好きです(笑)

たこわさびはこうして生まれた

1991年に、三重県にある業務用食品会社あづまフーズの日本工場で、失敗をした社員への罰ゲームとして作られたのがワサビ入りのタコ料理でした。

罰ゲームとして作ったはずなんですが、その味が意外に美味だったようでい、あづまフーズの新商品として、改めて開発を開始したそうです。

そして、翌年の1992年、新商品展示会で外食チェーンストアのモンテローザの大神輝博社長の目にとまることとなります。

1993年に、モンテローザ運営の飲食店である白木屋で正式メニューとして登場しました。

さらには、1990年代の日本国内の飲食店ブームに乗っかり、日本全国の飲食店に広まったと言うわけです。

たこわさびの美味さ

たこわさびの美味さは、歯応えあるタコの触感、そして、ワサビの辛味と豊かな風味の調和にあります。

肴として最適で、枝豆と並ぶ飲食店の定番メニューです。

解凍してすぐ食べられる冷凍食品もあり、飲食店のお通しとしても愛用されています。

お通しで出てくるたこわさびは、よく目にしますよね。

たこわさびは、タンパク質が多くカロリーも高くないので、肝臓の働きを活発にし、胃を保護してエタノールの吸収を穏やかにします。

そのため飲む際の肴に適していると言う意見もあります。

2000年の飲食店人気メニューのアンケートで第1位に輝きました。

2012年の朝の情報番組ZIP!での、女子が好きなオジサン系おつまみランキングでも第1位を獲得しています。

2012年には、バラエティ番組もしものシミュレーションバラエティー お試しかっ!で紹介された白木屋の人気メニューベスト10では、第3位に。

2015年のgooランキングつまみランキングでは、第2位に選ばれています。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

明石沖いいだこ たこわさび 400g(200g袋×2)珍味
価格:2200円(税込、送料別) (2021/12/17時点)

楽天で購入

 

 

たこわさびは海外でも人気

たこわさびは、アジアをはじめとする海外市場に定着しています。

アメリカの飲食店やラーメンのブームで、レストランのメニューにも加わり始めているそうです。

アメリカ人にとっては不思議な食べ物のたこわさび。

しかし、一度食べると病みつきになるとの声もあるようです。

ただ、日本のたこわさびと違って、生魚の苦手な人の多い北アメリカ向けに、生のタコじゃなく、茹でたタコを用いたたこわさびもあづまフーズで開発されているそうです。

また欧米での食文化を考慮し、カナダのバンクーバーにある日本食レストランでは、たこわさびの小鉢に海苔を添え、たこわさびを海苔で包むことで、ナチョスのようなスナック感覚で食べられるよう工夫して提供しているそうです。

とても好評で、この食べ方は、他店にも普及して人気となっているそうです。

Twitterでのたこわさびへの反応

-Twitterまとめ, 旬な話題, 生活の知恵, 話題の物, 食べ物情報
-

© 2022 アラ還おやじのコーヒータイム!これっていいんじゃない?