ネットの知恵 生活の知恵

iPhoneとApple Watchのペアリングに失敗したときの対処方法

現在使っているiPhoneから別のiPhoneに移行するときに、Apple Watchを持っていて、新しいiPhoneを設定するには、Apple Watchのデータや設定を転送するかどうかを確認する画面が表示されるます。

watchOS 8を搭載したApple Watch Series 3以降を使うには、Apple Watchを、iOS 15以降を搭載したiPhone 6s以降とペアリングする必要があります。

しかし、移行を勧める途中で、何らかのトラブルが発生し、Apple Watchへの移行が中止されることがあります。

このトラブルが発生すると、別のiPhoneとペアリングされていると認識されてしまい「やり直す」のボタンをタップしてもペアリングが進まなくなります

 

失敗の原因はペアリング待ちのApple Watch

WatchアプリのすべてのWatchを見てみると、ペアリング待ちのApple Watchが存在し続ける状態になっていて、これが原因です。

この、すべてのWatchから、ペアリング待ちとなっているApple Watchを解除すると通常のペアリングに復帰しますが、そもそも、すべてのWatchを表示するためには、1台以上のApple Watchがペアリングされている必要があります。

1台しかApple Watchがないのてあれば、新しいApple Watchとしてペアリングし直すしか方法がありません。

 

Apple Watch のペアリング解除の方法

  • Apple Watchで、設定アプリを開いて、「一般」>「リセット」の順にタップします。
  • 「すべてのコンテンツと設定を消去」をタップし、確認のためにもう一度タップします。
  • しばらくすると、Apple Watch のペアリングが解除されます。Apple Watchは、引き続きアクティベーションロックで保護されているので、設定のときに使ったApple IDとパスワードの事前入力が必要です。
  • iPhoneを使って、新しいApple Watchを、初期設定する手順に進みます。
  • 自分用のApple Watchなのであれば、「自分用に設定」をタップします。
  • 家族用の設定であれば、「ファミリーメンバー用に設定」をタップして、同じ手順で、家族のためにApple Watchを設定します。

 

ペアリングしたらバックアップから復元

Apple Watchのペアリングが完了しましたの画面に変わったら、次の手順として

  • 「新しいApple Watchとして設定」ではなく「バックアップから復元」をタップします。※もし、間違って、新しいApple Watchとして設定しまうと、それまでApple Watchで収集してきたデータやバッジなどがすべてリセットされてしまいますから気をつけてください。
  • 直前まで使用していたApple Watchの名前がついたバックアップを選択します。
  • 案内に従って、Apple Watchを、最新バージョンのwatchOSにアップデートします。
  • 利用規約を読んで、「同意する」をタップし、もう一度「同意する」をタップして次に進みます。
  • Apple Watchの復元が完了すると、iOSのWatchアプリでペアリングされたApple Watchが表示されますが、元々のApple Watchに付けていた名前とは、別の名前が割り当てられます。その理由は、システム上、ペアリング待ち状態になっているApple Watchが存在してしまうからです。

名前は、後から修正できますから、必要であれば修正します。

初期状態では、データやバッジが表示されません。

しかし、iCloud上からデータのダウンロードが完了すると、元の状態に戻ります。

-ネットの知恵, 生活の知恵
-, ,

© 2022 アラ還おやじのコーヒータイム!これっていいんじゃない?