ネットの知恵 旬な話題 話題の物

iPhone13に機種変してInstagramの表示が変になったときの対処方法

昨日発売されたiPhone 13シリーズですが、Instagramのロゴやプラスボタンなどが、ディスプレイ最上部の時計や電波、バッテリー表示に重なってしまって、操作できなくなることが出てきているみたいですね。

その対処方法を調べてみました。

 

Instagramの表示

昨日発売されたiPhone 13シリーズ。

どうやら、Instagramが変になっているようです。

表示がおかしいと言うか、ボタンと重なって操作ができないようです。

Instagramの表示が、普通よりも上に表示されるようです。

そのため、iPhoneの時計や電波表示、バッテリー表示などと重なってしまうようです。

実際に重なってしまうのは、Instagramの最上部部分のようです。

ロゴや投稿ボタン、アクティビティボタン、メッセージボタンなどと重なるようです。

つまり、表示がズレてしまうため、上部のボタンが操作できないと言うことです。

その他にも、スクロールができないと言うことも起こっているようです。

Instagramを最新版にアップデートしていても、起こるようです。

 

何かの影響?

iPhone 12シリーズより前の端末では、iOS 15へのアップデートしてからも、この状態は起きていません。

どうやら、iPhone 13シリーズだけに起こっているようです。

iPhone 13シリーズは、画面上部の中央のマイクやインカメラが設置されていて、何も表示されない黒いエリア、ノッチと言われる部分が従来よりも狭くなっています。

※ノッチ縮小に関する記事はコチラ ⇒ iPhone13はノッチが少し縮小してSoCが新しくなった!

つまり、iPhone 12シリーズと似てはいるけど、この最上部の表示が違うんですね。

その影響で、Instagramの表示がおかしくなっている可能性もあるようです。

 

nstagramの表示の対処方法

これは、あくまでInstagramでの対応になるので、対処のしようがありません。

Instagram側のアップデートを待つようにしてください。

-ネットの知恵, 旬な話題, 話題の物
-, ,

© 2022 アラ還おやじのコーヒータイム!これっていいんじゃない?