健康情報 生活の知恵

お子さんをたくさん抱っこしてあげていますか?

突然ですが、あなたはお子さんをたくさん抱っこしていますか?

アラ還おやじの仕事は、整体師というお話を以前にしたことがあると思います。

以前から、新米ママさんや2、3歳くんらいのお子さんのいるママさんが疲れが抜けないということで、来院されることがありました。

そんなママさんの来院が、最近、凄く増えているんです。

お話を聞くと、やはり子育てから来る疲れなんですね。

それも、抱っこが疲れるというお話が結構、多いんです。

腕もパンパンになってしまうし、腰も辛くなってしまう

そんな声が、とても多いんです。

そんな子育ての疲れから、お子さんを抱っこするのが嫌になってくるという声が多いんです。

そんな疲れを訴えてきたわけですから、当然、整体師であるアラ還おやじは、その疲れを取り除くために一生懸命、施術を施しながらママさんたちの愚痴を聞いてあげるわけです。

お子さんをたくさん抱っこする重要性

お子さんを抱っこしてあげるというのは、子育ての中では、必要不可欠なことです。

何故なら、お子さんを抱っこするかしないか、抱っこの回数や時間が多いか少ないかというのは、お子さんの成長や発達に影響すると言われているからなんです。

ママさんたちは、自分のお子さんの将来を、当然良い方向へと考えます。

そう考えれば考えるほど、できる限りたくさん抱っこをしてあげることが必要であり、重要になってくるわけです。

そして、たくさん抱っこしてあげるためには、肝心のママさん自身が、毎日、元気で、そして笑顔でいる必要があります。

子どもにせがまれるたびに抱っこをしていると、「抱きグセがつく」と言われたことがある人も多いはずです。

特に、おじいちゃん、おばあちゃんと同居しているママさんの場合は、

「甘やかしている」

「子どもをダメにする」

と言うようなことを言われたことがあるのではないでしょうか。

ところが、乳幼児期に、抱っこなどのスキンシップが足りないと、情緒不安定になりやすい、キレやすい、自尊感情が低いとと言うようなことが起きやすいことが分かってきているんです。

このように、お子さんを抱っこするというのは、とても重要なことなんです。

幸せホルモンと呼ばれるオキシトシンは抱っこすることで分泌され子ども性格形成に影響する

では、何故、抱っこする頻度などがお子さんの成長や発達に影響するのか?

抱っこなどのスキンシップをすると、親子両方の脳から幸せホルモンが分泌されます。

この幸せホルモンは、オキシトシンというホルモンです。

オキシトシンというホルモンは、もともとは母親が母乳を出すためのホルモンです。

そのオキシトシンをつくる細胞は、生後早い時期で形成されるそうです。

そして、オキシトシンが分泌されることで、愛情を深めたり成長を促すだけでなく、ストレスを軽減してくれるそうです。

さらに、オキシトシンは、子どもの性格形成にも作用があるそうなんです。

だから、抱っこなどのスキンシップ、触れ合いと言うのは、家族にとって、とても大切なことなのです。

幸せホルモンであるオキシントンは心地よい状態のときに多く分泌される

幸せホルモンであるオキシントンは、心地よい状態のときに、多く分泌されると言われています。

お子さんからしてみれば、そして、ママからしてみても、

「あー幸せだなあ」

と思わず言ってしまう瞬間、つまり抱っこされているとき、抱っこしているときが、心地よい状態となるわけです。

その心地よい状態を作って上げれるのが、お子さんからしてみれば、抱っこなのです。

なのに...

ママが疲れていてしまっていたら、抱っこするのも嫌々な状態になってしまいます。

そうすれば、嫌々抱っこしていると言う気持ちの状態は、お子さんに伝わってしまいます。

その嫌々な気持ちが、お子さんに伝わってしまえば、当然、本来多く分泌されるはずの幸せホルモンであるオキシトシンも少ししか分泌されなくなってしまいます

子育てと言うのは、大変なものです。

でも、お子さんを良き方向へと育てていくためには、ママさんがしっかりとしていないといけないわけです。

だからこそ、疲れをためない、そんなママさんの健康対策が大事なんです。

でも、疲れを抜くために、整体やマッサージに通うと言っても、時間的な問題や料金的な問題で、そんな頻繁には通えないというのが現実なのです。

幸せを感じながら子育てしてお子さんに幸せホルモンを与える

幸せを感じながら子育てしてお子さんに幸せホルモンを与えるためには、変化した生活リズムに慣れ、健康管理をしっかりすることが必要です。

お子さんが生まれてからの数年間と言うのは、親にとって最も嬉しいスキンシップの時間なのです。

抱っこをしているときが、そんな時間の一つです。

なのに、抱っこしてあげたくても心身的に辛い。

そうなれば、お子さんに悲しい思いをさせてしまいます。

じゃあ、どうすれば良いのか?

方法としては、整体やマッサージに通って、心身のケアをするということが挙げられます。

でも、忙しいママさんたちにとって、その時間を作り出すのは、とても難しいという現実があります。

それに、整体やマッサージは、料金的にも、それなりの出費へとつながるため、頻繁には無理と言うのが現実的でしょう。

そんな、ママさんにおすすめしたいのが、「抱っこケア」と言うサプリメントです。

抱っこケア

「抱っこケア」は、お子さんを健やかに育てたい。

そのために、心身的な疲れや不調をケアして、スキンシップをたくさんしたい。

そんな想いの、ママさん、そしてパパさんをサポートしてくれるサプリメントです。

「抱っこケア」は、配合する成分に、子育てや日々の生活での悩みをサポートする原料を厳選されたサプリメントです。

ただ、ここで勘違いしないようにしてください。

「抱っこケア」は幸せホルモンであるオキシトシンが配合されているわけではありません。

抱っこサポート成分である、非変性プロテオグリカンと非変性II型コラーゲン。

安らか生活サポート成分である、GABA。

脱・ぐったり生活サポート成分である、オクタコサノール。

その他に、こだわり成分として、オリーブ葉抽出物、ヒハツ、ショウガ、スッポン、CoQ10がたっぷり配合されたサプリメントです。

詳しくはコチラ ⇒ ママが笑顔にならなくちゃ!話題の子育て応援サプリ「抱っこケア」

抱っこケア

-健康情報, 生活の知恵
-, , ,

© 2020 アラ還おやじのコーヒータイム!これっていいんじゃない?