Twitterまとめ 生活の知恵 芸能スポーツ関連 食べ物情報

おいしくて体に良い大根の食べ方と保存法

林修の今でしょ!講座で紹介していたおいしくて体に良い大根の食べ方と保存法をまとめました。

イソチオシアネートを効果的にとる大根の食べ方

これからの時期は、春大根が旬を迎えます。

千葉県の姉崎が、大根の収穫量全国第1位だそうです。

風邪対策に効果が期待できる、イソチオシアネートを最も効果的にとる大根の食べ方を紹介してくれました。

大根の下の部分を大根おろしにして食べると良いそうです。

イソチオシアネートは、最初から大根にあるわけではなく、大根の細胞が壊れると生まれ変わるものだそうです。

大根農家の泉水良仁さんの家では、大根おろしをストックしてあるそうです。

ただ、保存方法を間違えると栄養や味が台無しになるので注意がひつようだそうです。

イソチオシアネートなど栄養を逃さない大根の保存法

大根農家歴10年の田中さんが、教える栄養も味も逃さない保存方法を教えてくれました。

その方法は、大根の葉っぱを切り落とすと良いそうです。

10日間保管した葉っぱありとなしの大根では、硬さや表面の状態などが大きく違うそうです。

野菜室の中に、大根の皮をむいて保存すると、最長で約4か月間鮮度を保つことができるそうです。

藤田先生は、微生物が付きやすい表面の皮を取り除き、低温保存することで4か月もったと分析していました。

また、肉・魚に大根おろしを漬け込むと美味しさがアップするそうです。

大根には、たんぱく質を分解する酵素が含まれていて、肉や魚のたんぱく質を分解し、軟らかくなるそうです。

大根を使った栄養たっぷりの農家一番メシ

医師も注目する体重が気になる方にオススメの食物繊維が豊富でヘルシーな大根料理を紹介してくれました。

大根もち

大根もちは、粗めにおろした大根に、もち粉・ねぎ・干しエビを混ぜ、両面5分ずつ焼いて麺つゆとごま油のタレをかけて完成だそうです。

ただお餅を食べるより、大根おろしでかさ増しでき、カロリーを抑え肥満対策にも効果的だそうです。

大根おりしのかき揚

大根おりしのかき揚げは、おろして搾った大根に小麦粉・ねぎを加え卵を加え180度の油で1分揚げるだけだそうです。

賞味した林先生は、

「すりおろして優しく甘さを引き出した感じ」

と絶賛していました。

Twitterでのおいしくて体に良い大根の食べ方と保存法への反応

-Twitterまとめ, 生活の知恵, 芸能スポーツ関連, 食べ物情報
-, , , ,

© 2022 アラ還おやじのコーヒータイム!これっていいんじゃない?