Twitterまとめ イベント情報 旬な話題 生活の知恵 芸能スポーツ関連 話題の物

おしゃべりクッキングも色んな長寿番組と同様に終了へ

テレビ朝日系で全国ネット放送中の料理番組上沼恵美子のおしゃべりクッキングが来春に放送を終了するそうです。

NHKのガッテン!や生活笑百科もそうですが、長寿番組が次々と終了を迎えようとしています。

テレビ番組でもそうですが、長寿を維持するのは難しいことなんでしょうか。

長寿番組にあやかりたい

確かに、今、このタイミングで色んな長寿番組が終了を迎えようとしていますが、長い間、番組を続けてこられたと言うのは素晴らしいことです。

長寿と言う面に関して、私もあやかりたいものです。

テレビ番組もそうでしょうが、ましてや人間は、勝ち負けと言うことで比べれば、やはり、長生き、長寿を得ることができた人の勝ちですよね。

じゃあ、人間として長寿を得るにはどうしたらいいんでしょうか?

どうも、長生き、長寿には、関係のある長寿遺伝子を活性化させる必要があるみたいです。

と言うか、長寿遺伝子って何?

長寿遺伝子って何?

長寿遺伝子は、サーチュイン遺伝子と呼ばれるものです。

長生き遺伝子、抗老化遺伝子とも呼ばれます。

人間を含めて、生物は、この長寿遺伝子を活性化させると寿命が延びると言われています。

サーチュイン遺伝子、つまり長寿遺伝子の活性化により合成されるタンパク質やサーチュインは、ヒストン脱アセチル化酵素でだそうです。

そのため、ヒストンとDNAの結合に作用し、遺伝的な調節を行うことで寿命を延ばすと考えられています。

この様なサーチュインの作用メカニズムは、マサチューセッツ工科大学のレオナルド・ガレンテのグループが1999年に見出したそうです。

酵母のSir2遺伝子が、ヒストン脱アセチル化酵素であることを見出し、この酵素の作用が代謝や遺伝子サイレンシング、加齢に関与していることを示唆しました。

長寿遺伝子を活性化する物質

長寿遺伝子を活性化させてくれるのが、ニコチンアミドモノヌクレオチド、通称NMNやナイアシンと言われるビタミンB3に含まれる物質で、今、世界的に注目を集め話題になっている抗老化成分です。

ニコチンアミドモノヌクレオチド

ニコチンアミドモノヌクレオチドは、すべての生物に存在する補酵素です。

牛乳など様々な栄養源に含まれています。

人間には、NMNを利用してニコチンアミドアデニンヌクレオチドを生成する酵素が存在します。

NMNは、NAD+の生化学的前駆体として、ペラグラの予防に有用な可能性があります。

本来は、生体内でも生成されていますが、加齢に伴うNMN生成能力の低下によりNAD+も減少し、細胞核の損傷やミトコンドリアの活性低下が進むと考えられています。

NADHは、ミトコンドリア内の諸過程や、サーチュイン、PARPの補因子なので、NMNは、神経保護薬や抗加齢薬としての動物モデルでの研究が行われています。

サプリメント企業は、こうした点を主張して積極的なマーケティングを行っています。

【FIRSTSELECT(ファーストセレクト)NMN】

近年、人間での研究によって健康な男性で最大500mgの単回経口投与が安全であることや投与した量に応じて体内で代謝されることが示されています。

長期の安全性に関する複数の研究が行われています。

外因的に投与されたNMNが、細胞に入るためには、ニコチンアミドリボシドに変換され、再びリン酸化されてNMNに戻る必要があると考えられています。

マウスでは、Slc12a8がNMNのトランスポーターで、小腸を介して10分以内に細胞へ移動しNAD+に変換されるという主張もあります。

ニコチンアミドモノヌクレオチドの抗老化

人間を含め、マウス、線虫など生物の老化の引き金になるが、NADの減少です。

これは、世界中の抗老化研究者の共通認識になっています。

NMNの摂取で、すぐにNADという補酵素に変換され、老化や寿命をコントロールする酵素であるサーチュインの働きが活性化されます。

サーチュインの遺伝子、つまり長寿遺伝子を、哺乳類は、SIRT1から7まで7種類のサーチュインを持っています。

中でも重要なのがSIRT1で、血糖値を下げるインスリンの分泌を促進し、糖や脂肪の代謝を促したり、神経細胞を守り行動や記憶を制御するなど、老化や寿命のコントロールに非常に重要な役割を果たします。

マウスの実験では、SIRT1の機能を高めたところ、老化による病気、症状の発症時期を遅らせることができ、メスでは16.4%、オスでは9.1%健康寿命が延びました。

また、人間の60代に相当する17-18カ月齢のマウスの脳の視床下部でSIRT1を高めると、人間の20代に相当する3-4カ月齢のマウス並みに動き回るようになり、体温の上昇が見られるとともに代謝も高まりました。

SIRT1の働きすべてに必要なのがNADです。

NMNの摂取により、このNADの量が増大し、SIRT1の働きが活性化します。

2011年に、ワシントン大学医学部今井眞一郎教授の報告で、糖尿病モデルマウスにNMNを投与した研究結果で、マウスではメスのほうがNMN投与による効果が大きいことが分かっています。

マウスの実験では、人間の20-30代に相当する若い健康体にNMNを摂取させても大きな変化はなく、40-50代に相当する中高年になってから非投与群との差が出始めたそうです。

そのため、人間でも高齢者の摂取での老化制御効果が期待できるそうです。

NADを合成するビタミンB3由来のサプリメントとして、ニコチンアミドリボシド、通称NRとの比較では、NRは口から摂るとほぼ100%腸内細菌で分解されてしまい、サーチュインを活性化するまでには至らないと考えられています。

一方、NMNも腸内細菌で分解されるが、その前に、かなりの速さで血中に取り込まれてNADに変換されることが分かっています。

2021年7月現在では、サプリメントで摂取する方法と血中に点滴で投与する点滴療法があります。

研究では、成分が人間に吸収され、血中濃度が上がることが分かっています。

ホリエモンこと堀江貴文さんも錠剤で摂取しています。

しかし、非常に高価です。

お得な価格でNMNを接種できるサプリメント

まだまだ市場では高価なNMN成分です。

しかし、そんなNMN成分をを99.9%配合していながら、お得な価格で摂取できるサプリメントがあります。

安かろう悪かろうではなく、メイドinジャパンで、発酵物からNMNを生成していて、安心して口にできるサプリメントです。

老化は治療する時代

このNMN成分によって、老化を治療する時代になってきています。

NMN成分は、人間に本来存在している長寿遺伝子の活性化を促す成分です。

【FIRSTSELECT(ファーストセレクト)NMN】

Twitterでのおしゃべりクッキング終了への反応

-Twitterまとめ, イベント情報, 旬な話題, 生活の知恵, 芸能スポーツ関連, 話題の物
-, , , , , , , ,

© 2022 アラ還おやじのコーヒータイム!これっていいんじゃない?