青森市で整体院を探しているならココ!

生活の知恵

遅刻してしまった!そんなときに相手の怒りをやわらげるにはどうする?

久しぶり記事更新です(笑)

普段の生活の中で、時間を伴う約束は、たくさんありますよね。

人との待ち合わせなんかも、その一つです。

そんな待ち合わせなんかに遅刻してしまったと言う経験は、一度も無いという人はいないはずです。

当然、アラ還おやじも経験があります。

社会人にとって遅刻は許されない行為

キツい言い方かも知れませんが、社会人にとっては、遅刻は許されない行為です。

たった一度の遅刻であっても、確実に信用を失います。

それが、何度も続けば、いつ会社をクビになっても不思議ではないし、お客さんから、取引を断られてしまうこともあります。

遅刻したらまずは謝罪

遅刻してしまったという事実は、消えません。

となれば、せめて上手な言い訳をして、相手の怒りと信用の失墜を最小限にとどめたいというのが、共通する心情のはずです。

でも、下手な言い訳は、さらに相手の怒りを増し、信用はますます無くなっていく一方です。

ですから、まずは、謝ること、謝罪が大切です。

間違っても、

「電車が事故で止まりまして...」

と言うような言い訳はしないでください。

思いっきり逆効果です。

あなたにさんざん待たされた相手は、カリカリしているはずです。

その怒りを収めることができるのは、言い訳ではなく、謝罪なんです。

そうです。

「遅れて申し訳ありませんでした」

と素直に頭を下げ、謝ることなんです。

これは、極端なお話ですが、遅刻してしまったら、待ち合わせ場所のはるか手前から、

「遅れて申し訳ございません!」

と、頭を下げながら、駆け込むくらいの気持ちが大切です。

いくら怒っていても、相手に謝られてしまったら、それ以上は怒れないのが、人の心情です。

言い訳は、相手の怒りが収まってからです。

移動中に遅刻が分かっているのなら

と言っても、事故に巻き込まれたりと、車や電車が止まってしまうことはあります。

そうなときは、約束の時間に間に合わないということは想定できるわけですから、すぐに、先方に連絡を入れましょう。

そして、先方への連絡の仕方には、コツがあります。

先方への遅刻の連絡のコツ

「このままだと約束の時間に遅れる」

と想定できたら、その旨を先方に連絡します。

そして、そのときに、余裕を持った時間で、先方に伝えるようにしましょう。

例えば、10分くらい遅れそうだとします。

そんなときは、先方には20分くらい遅れそうだと伝えるわけです。

20分遅れると思ったら、先方には30分と伝えます。

考えてみてください。

あなたから、

「20分遅れます」

と連絡を受けたのに、15分ほどの遅れで、約束の場所に着いたら、

「意外と早かったね」

となります。

つまり、先方は、あなたの誠意を感じるというわけです。

普通、遅刻の連絡をするときって、だいたいが、少しでも早く着きたいという気持ちから、短い時間で相手に伝えてしまうものです。

でも、あなたから

「10分遅れます」

と連絡を受けたのに、実際には15分遅れたら、相手はイライラしてしまいます。

ですから、先方への遅刻の連絡は、時間に余裕を持たせて伝えましょう。

本来であれば、許されない遅刻と言う行為が、あなたへの信頼を獲得することにつながります。

-生活の知恵
-, , ,

© 2021 アラ還おやじのコーヒータイム!これっていいんじゃない?