生活の知恵

犬や猫のフィラリア予防はいつから始めるべきか?投与期間や予定の立て方は?

犬や猫と言ったペットを飼っていると色んな病気予防に気をつけなければいけません。

そんなペットの病気の一つ、フィラリア。

その、フィラリア予防はいつから始めると良いんでしょうか?

フィラリア予防の種類

犬・猫の病気の一つであるフィラリア。

そのフィラリアの予防には

「予防接種」

「薬の投与」

と、二つの方法があります。

予防接種

予防接種は、薬の投与に比べると年に1回か2回だけで良く、回数が少ないというメリットや、薬を飲み忘れるというデメリットがありません

その一方で、予防接種の場合、費用が高額です。

そして、ペットの体に負担がかかることもあります。

きには、注射の副作用で死亡することもあります。

そのため、動物病院によっては、そもそもフィラリアの予防接種をしていないところもあるみたいです。

薬の投与

薬の投与で、フィラリアを予防するのが、最も良い方法ですし、一般的です。

薬の種類もいくつかありますから、ペットに合ったものを選ぶことができます。

しかし、ほとんどの薬が、月一回の投与であるために、投与を忘れてしまうことも出てくるかもしれません。

⇒ フィラリア予防薬を見る

フィラリア予防薬を見る

フィラリアの予防はいつからいつまで?

フィラリア予防の期間は

蚊が出始めてから1か月後〜蚊が飛ばなくなってから1か月後まで

です。

全国的に見ると、5月~12月というのが、一般的なフィラリア予防の期間です。

と言っても、地域によって変動します。

蚊が出始めたらすぐにフィラリア予防薬をあげなければいけないので?

と思う方もいるようですが、実は、蚊が出始めてから1ヶ月後からと決まっているのには理由があります。

もし、フィラリア幼虫を持った蚊に刺されても、実は、体内に侵入したフィラリアが成長するまでには、ある程度の時間がかかるんです。

そのため、フィラリア幼虫を持った蚊に刺されても、1ヶ月以内に蚊に刺されたのなら、フィラリア幼虫は、まだ大きくなっていません。

ですから、薬で駆除することができるんです。

このような理由から、フィラリア予防は、蚊が出始めてから1ヶ月後から始めるということになっています。

蚊が飛ばなくなってから1ヶ月後まで投与しなければいけない理由も、始める時期の理由と同じです。

蚊が飛ばなくなっていても、1ヶ月以内に蚊に刺されると、放っておけば、そのままフィラリア幼虫が大きくなってしまいます。

ですから、必ず蚊が飛ばなくなってから1ヶ月後まで、フィラリア予防薬は投与する必要があるんです。

フィラリア予防期間の地域差

フィラリア予防の期間には、地域差があります。

先ほど、全国的に見れば、5月~12月が、フィラリア予防の最も一般的な期間だと説明しました。

これは違ってはいないのですが、実際は、地域によって蚊の発生する期間には差があります。

と言うことは、当然、地域によって、フィラリア予防の期間に差が出てくるわけです。

例えば、沖縄。

沖縄は、暖かい気候で1年中蚊が発生します。

と言うことは、沖縄は1年中投与するのが基本なわけです。

逆に、寒い地域。

寒い地域に、行けば行くほど、蚊が発生する期間が短くなります。

つまり、フィラリア予防薬を投与する期間も短くなっていきます。

じゃあ、実際に、

「自分が住んでいる地域では、いつからいつまでなのか?」

と、疑問に思うわけです。

実際のフィラリア予防薬投与期間やスケジュールは、住んでいる地域の動物病院で確認する必要があります。

しっかりとしたフィラリア予防期間をしっておくことが、愛犬や愛猫をしっかりと守ってあげることになります。

薬を投与する間隔

既に、フィラリア予防薬を使ったことがあるのであれば、知っていると思いますが、フィラリア予防薬は月に1回与えるのが基本です。

ほとんどのフィラリア予防薬は、月に1回投与のタイプです。

でも、最近では、3ヶ月に1回の投与でいいタイプもあります。

ですから、実際には、ペットに合った投与間隔を見つけていけるといいわけです。

フィラリア予防薬投与前には必ず検査をする

フィラリア予防薬を、一年中投与としている方は別として、毎年、フィラリア予防薬の投与を始める前には、必ず、フィラリアに感染していないかを確認する血液検査を動物病院で行ってください。

何故、フィラリア予防薬投与前に検査を受けなければいけないのか?

検査をしないと、もし、既に、フィラリアに感染していて、フィラリア幼虫がある程度大きくなってしまっていたら、その時点でフィラリア予防薬を投与すると、アナフィラキシーショックと呼ばれるショック症状を起こしてしまうことがあるんです。

ペットを守るためのフィラリア予防薬です。

それが、まさかのアナフィラキシーショックを引き起こしてしまわないようにするためにも、毎年フィラリア予防薬投与を始める前に、血液検査を受けることが必要なのです。

フィラリア予防薬はネットで便利に買える時代です

今は、フィラリア予防薬を、ネットで普通の通販と、ほとんど変わらない形で、とても便利に購入できます

それは、個人輸入という形で、便利なだけではありません。

動物病院で、処方される薬と同じ薬が、格安で購入することができます。

いつも動物病院から、処方される薬と同じものであれば、安心して与えることができます。

価格的にも、動物病院に処方してもらうのと比べて、とても安くなります。

ですから、暖かい地域で、一年中フィラリア予防薬を与えている方や多頭飼いの方、そして、大型犬を飼っている方で、薬代が高額になってしまう方に、ネットでの購入は、特におすすめです。

カルドメックやレボリューション等、ブランドのフィラリア予防薬からジェネリック医薬品まで幅広く取り扱っているのが、こちらのショップです。

⇒ フィラリア予防薬を見る

フィラリア予防薬を見る

-生活の知恵
-

© 2020 アラ還おやじのコーヒータイム!これっていいんじゃない?