ネットの知恵 生活の知恵 話題の物

リリース直後から発生しているiPhone版の新型コロナウイルス接触確認アプリCOCOA(ココア)をインストールできないという不具合

リリース直後からiPhone版の新型コロナウイルス接触確認アプリCOCOA(ココア)をインストールできないという不具合が発生しているようです。

リリースされたばかりの新型コロナウイルス接触確認アプリCOCOA(ココア)ですが、iPhone版の新型コロナウイルス接触確認アプリCOCOA(ココア)をインストールしようとしたときに、

「iOS13.5以降が必要です。」

というエラーが表示されてインストールできないことがあるようです。

このエラーについて、多くの人が誤解をしているようです。

というのも、その表示の意味を誤解して

「新しいiPhoneなのに対応していないの?」

と思ってしまい、インストールを諦めてしまう人が出てきているようです。

App Storeから

「新型コロナウイルス接触確認アプリ(厚生労働省公式)」

をインストールしようとしても、

「iOS13.5以降が必要です」

や、次のようなエラーが表示されてインストールできないことがあるようです。

このアプリケーションにはiOS13.5が必要です。
アプリケーションをダウンロードして使用するにはiOS13.5にアップデートする必要があります。

[OK]

スポンサーリンク



iPhone版の新型コロナウイルス接触確認アプリCOCOA(ココア)をインストールできない原因

前述したエラーが表示されてインストールできないのは、現在使っているiPhoneに入っているiOSのバージョンが古いことが原因です。

ここで注意しなければいけないのは、現在使っているiPhoneの機種が古いからではなく、その本体にインストールされているiOSが古いことが問題だということです。

iPhone版の新型コロナウイルス接触確認アプリCOCOA(ココア)をインストールできないときの対処方法

対処方法によって、今使っているiPhoneのままでも、新しいiOSにアップデートして、アプリをインストールできるようになることもあります

  1. iOSをアップデートするには、
  2. 設定アプリを開きます
  3. 次に一般を開きます
  4. 次にソフトウェア・アップデートをタップします
  5. iOS 13.5.1など、アップデートできるiOSのバージョンが表示されますから、そこに表示される今すぐインストールなどのボタンをタップして、ダウンロードやインストールを開始します。

ただし、ここでiOS 12などの13.5より古いバージョンが表示されてしまうようであれば、iOSをアップデートしてもダメな場合に当てはまる可能性があります。

と言うのは、iOSのアップデートを試すということが基本的な対処となりますが、iPhoneの機種が古すぎると最新のiOSにアップデートできないことがあります

ですので、iOSを最新版にアップデートしてもiOS 13.5に満たないバージョンだと、機種変更などして、新しい端末にする必要があります。

iOSをアップデートしてもダメな例

例として、iOS 13は、下記のiPhoneやiPod touchは対応していますが、それらより古いiPhone 5sやiPhone 5などだとiOS 13へのアップデートができません。

ですので、新型コロナウイルス接触確認アプリCOCOA(ココア)をインストールすることはできません。

iOS 13.5までのアップデートができなかったときは、現在使っている端末が、下記の端末より古くないかを確認してみてください。

iPhone SE (第2世代)
iPhone 11
iPhone 11 Pro
iPhone 11 Pro Max
iPhone XS
iPhone XS Max
iPhone XR
iPhone X
iPhone 8
iPhone 8 Plus
iPhone 7
iPhone 7 Plus
iPhone 6s
iPhone 6s Plus
iPhone SE
iPod touch(第7世代)

スポンサーリンク



-ネットの知恵, 生活の知恵, 話題の物
-

© 2020 アラ還おやじのコーヒータイム!これっていいんじゃない?