Twitterまとめ 健康情報 旬な話題 芸能スポーツ関連

佐野史郎が多発性骨髄腫で入院治療中

俳優の佐野史郎が、ドラマの途中降板したのは多発性骨髄腫のためだったそうです。

現在、再入院し治療中だそうです。

多発性骨髄腫

多発性骨髄腫は、形質細胞腫瘍の一種で、その中では最も患者数の多い病気です。

難治性血液腫瘍となっています。

多発性骨髄腫は、全悪性腫瘍の約1%、血液疾患全体の約10%を占める疾患です。

発症者のほとんどが40歳以上と高齢者に多い疾患です。

高齢化に伴い患者数が増加していくと予想されています。

1997年以降に化学療法に変革が起き、その結果として生存率は改善しています。

多発性骨髄腫を含む形質細胞性腫瘍の前段階として意義不明の単クローン性免疫グロブリン血症があります。

また、症状がない段階としてくすぶり型骨髄腫が定義されていて、症状のある段階は、症候性骨髄腫と呼んで区別しています。

多発性骨髄腫では、MGUSからSMMを経て症候性骨髄腫に至ると考えられていて、治療は、症候性骨髄腫になってから始められます。

Twitterでの多発性骨髄腫への反応

-Twitterまとめ, 健康情報, 旬な話題, 芸能スポーツ関連
-,

© 2022 アラ還おやじのコーヒータイム!これっていいんじゃない?