話題の物

MacBook Airの新モデルがキーボードを一新して登場!

昨日、18日にアップルが、新モデルのMacBook Airを発表しましたね。

MacBook Airの新モデルは、処理能力を向上させて、キーボードを一新して、新しいMagic Keyboardになったそうです。

新しいMagic Keyboardは、既に、16インチMacBook Proで採用されています。

快適さと安定感のために、キーストロークの深さは1mmになったそうです。

矢印キーも、逆T字型配列になったおかげで、いちいちキーを探すのに、手元を見なくてもよくなりました。

搭載しているストレージは、容量が2倍。

OSは、macOS Catalina。

液晶は13.3型/2,560×1,600ドットのRetina ディスプレイを搭載しています。

精細度は227ppi。

True Toneテクノロジーで、周囲の色温度に合わせてディスプレイのホワイトポイントを自動的に調整してくれます。

嬉しいことに、最高6Kの解像度の外部ディスプレイ出力にも対応するとのこと。

価格は104,800円からとお手ごろ価格ですね。

注文は、18日からオンラインで受け付けているそうです。

店頭販売は、来週からだそうです。

スポンサーリンク



MacBook Airの新モデルのラインアップ

MacBook Airの新モデルは、

下位機種は、1.1GHzデュアルコアCore i3(Turbo Boost使用時最大3.2GHz)メモリ8GB、SSD 256GBの構成で、Apple Store価格は104,800円。

上位機種は、1.5GHzクアッドコアCore i5(Turbo Boost使用時最大3.5GHz)メモリ8GB、SSD 512GBの構成は134,800円。

となっていて、非常にお手ごろ価格になっています。

この価格帯なら、学生さんでも購入を検討しやすいのではないでしょうか。

MacBook Airの新モデルの特徴

  • 1.2GHzクアッドコアIntel Core i7や16GBのメモリ、512GB SSDなどを選択可能
  • Thunderbolt 3(USB-C)を2ポート装備し、本体への充電とディスプレイ出力を兼用
  • Touch IDによる指紋認証や720p FaceTimeカメラ、IEEE 802.11a/b/g/n対応無線LAN、Bluetooth 5.0を搭載
  • ヘッドフォンジャックを装備
  • ステレオスピーカーでDolby Atmosにも対応

スポンサーリンク



MacBook Airシリーズ初!クアッドコアプロセッサ搭載

新モデルは、MacBook Airシリーズで初めてクアッドコアプロセッサを搭載しました。

1.2GHzの第10世代IntelクアッドコアCorei7を選ぶことができ、以前と比べると処理能力が約2倍になったということですから、ストレス無く使えます。

Intel Iris Plus Graphicsで、グラフィックスの処理能力が向上したのは、ゲーマーや動画編集を手掛ける人には嬉しいことです。

そのおかげで、ゲームやビデオ編集なども問題無くこなせるわけですからね。

スポンサーリンク



49.9Whのリチウムポリマーバッテリーを搭載

搭載されたバッテリーは、49.9Whのリチウムポリマーバッテリー

そのおかげで、最大11時間のワイヤレスインターネット閲覧、12時間のApple TVムービ視聴と言ったことができるようになりました。

外形寸法・・・304.1×212.4×16.1mm

重量・・・・・1.29kg

Apple T2 Securityチップ搭載

スポンサーリンク



1mmストロークのMagic Keyboard搭載とCPUの高性能化

新モデルは、キーボードが16インチMacBook Proと同じ構造のMagic Keyboardになりました。

構造的な変化、そしてストロークの増加。

これは、キーボード関係のトラブルを減らしてくれるはずです。

スペックを見ると、キーストロークが1mm、本体の厚みが0.5mm増えています。

重量も少しだけ増えています。

と言っても、わずか40gですから気にするほどのものでもないはずです。

プロセッサは、インテル製

第8世代から第10世代へと変わりました。

そのおかげで、外部チップに頼らないでも、Thunderbolt 3への対応ができています。

さらに、第11世代の内蔵GPUを搭載したおかげで、性能が大きく向上しています。

スポンサーリンク



コアの数が増えたうえにシングルコアの性能向上

新モデルは、上位モデルで搭載されるCPUがMacBook Air初の4コア。

CPUアーキテクチャが一新されています。

搭載メモリのアクセス帯域が、2133MHz LPDDR3から3733MHz LPDDR4Xになりました。

標準モデルは、1.1GHz動作、TurboBoost時3.5GHzのIntel Core i5モデルです。

ただ、オーダーするときに、1.2GHz動作、TurboBoost時3.8GHz動作のCore i7を選ぶこともできます。

搭載メモリは最大16GB、搭載SSDは最大2TBまで増やすことができます。

スポンサーリンク



-話題の物
-, ,

© 2020 アラ還おやじのコーヒータイム!これっていいんじゃない?