生活の知恵

学校では教えてくれない株の始め方!株の始め方の本を読んだ方がいいのか?

これから株を始めようと思っている初心者の人って、何を覚えたらいいんでしょうか?

当然、株のことなんて学校では教えてくれませんから、株の始め方の本を読んだ方がいいのでしょうか?

ぶっちゃけ、読まないよりも読んだ方がいいですね。

株の知識が、全く何も無い状態で株を始めても、失敗するのが目に見えています

ですから、ある程度の知識をつけた方がいいです。

インターネットを使えば大抵のことは調べられます。

でも、勉強するときって、本の方が効率的です。

書店に行けば、たくさん株に関する本が置いてありますから、自分に合ったものを探してください。

株の始め方の本を探す場合、

  • 読みやすくて分かりやすい
  • 人気や口コミをチェック

という2つに気をつけて選びましょう。

本によって読みやすさや分かりやすさが異なります。

初心者の場合、文字だけではなく、イラストも使用して説明しているものの方が分かりやすいはずです。

また、専門用語の解説もきちんとされている本を選びましょう。

そして、本を探すには、人気や口コミをチェックすることも重要です。

人気が高い本や口コミがいい本は、基本的に勉強しやすいです。

スポンサーリンク



株ってどうやって買う?

株投資を始めると言うことは、株を買わなければいけないわけです。

でも、その株を買いたいけど買い方が分からないという人も多いはずです。

では、どうやって株を買えばいいのでしょうか?

株を買うためには、まず、証券会社に口座を開く必要があります。

この口座がないと取引ができません。

口座の開設はインターネットで簡単にできます。

ネット証券の方が売買手数料も安いです。

口座を作ったら、その口座にお金を振り込みましょう。

手数料が発生する場合と発生しない場合があるので、証券会社や振り込む銀行にて確認してください。

次に購入する株を決めます

初心者の場合は、知名度が高い株を買った方が失敗が少ないです。

購入する株が決まったら、証券会社に注文を出してください。

そこで成立した場合、その株は自分のものです。

ネット証券の場合だと、証券が発行されません。

ですから、ネット上で確認することになります。

仮に取引が不成立に終わったときは、お金が戻ってきますから安心してください。

基本的に、このような流れで株を買うことになります。

株を買おうと思っている人は、しっかりと覚えておきましょう。

スポンサーリンク



証券会社の選び方

さて、株を購入するための証券会社ですが、たくさんある中から、どうやって選べばいいのか?

証券会社を選ぶ場合、

  • 手数料の安い証券会社
  • 少額投資ができる証券会社
  • サービスを比較する

ということを基準にして選びます。

まず、最も重要なことは、手数料の安い証券会社を選ぶことです。

手数料は、証券会社によって違います。

ですから、当然のことですが、安ければ安い方が得です。

ただ、証券会社の中には、一律定額制のところもあります。

そういった証券会社だと、1日何度取引をしても手数料は変わりません。

取引回数が多いというときを考えれば、一律定額制の方が得です。

初心者の場合、少額投資ができる証券会社を選ぶようにすることも重要です。

証券会社によって、いくらから投資ができるのかは違います。

できる限り少ない金額から始められるところを選んだ方が、リスクが少ないです。

そして、それぞれの証券会社のサービスの特徴を比べてみてください

リアルタイムの株価を知らせてくれたり、企業分析ができるサービスを提供しているところもあります。

自分にとって、必要なサービスがあるかどうかをチェックしましょう。

スポンサーリンク



株を始めるのに必要な資金

株投資で、副収入を得ることを考えて、これから株を始めようと思っている人も多いはずです。

そこで気になるのが、株を始めるのに必要な資金です。

どのくらいの資金があれば、株を始められるのか?

株を始めるだけなら多額の資金は、必要ありません

例えば、1株1円の株なら、1円から始めることができます。

と言っても、手数料が発生しますから、1円以上はかかってしまいます。

でも、それだけ低予算で始められるということです。

また、100株や1000株といったように、最低何株からでないと買えないというルールがあります。

ただ、証券会社が提供している商品の中には、1株からでも買えるものもあります。

資金は、あることに越したことはないです。

しかし、安く抑えようと思えば抑えることができますから、自分の予算に合わせて買うようにしてください。

初心者の場合は、10万円~30万円程度の資金で始めることが多いので、そのくらいを目安にするのもいいかもしれません。

くれぐれも、生活を圧迫するようなことがないように、余裕を持った投資を行うようにしましょう。

スポンサーリンク



買った株はいつ売ればいいのか?

利益を得るために株に投資するわけです。

と言うことは、買いっ放しでは利益になりません。

じゃあ、買った株は、いつ売ればいいのでしょうか?

これは、人によってタイミングが違います。

ですから、一概にいつ売ればいいのかは明言できませんが、自分が売りたいと思ったときで構いません。

特に、ルールはありませんから、自分がそろそろ売ってもいいかなと思ったら売ってください。

しかし、いい加減に売っても利益は出ません。

最低でも「目標株価」と「損失」には、気を配りましょう。

どのくらい利益が出たら売るというのを、最初に決めてください。

例えば、利益が10%出たら売ると決めているのなら、そこに達した時点で売ってください。

またパーセントではなく、1万円や2万円の利益が出たら売るというのもいいでしょう。

最初に、これを決めてしまえば、売るタイミングで悩むことはありません。

そして、損失が大きくなる前に売るというのも重要です。

これも、先ほどと同じで、最初にどのくらい損失が出た時点で売るというのを決めておいた方がいいです。

そうすることで、損失を最小限に抑えることができます。

スポンサーリンク



株の利益には税金がかかるのか?

当然のことですが、株で利益が出たら税金はかかります

利益が出たなら、税務署で確定申告をしないといけません。

ただし、利益が出たら絶対に確定申告をしないといけない訳ではないです。

株の利益が、20万円を超えない場合は、する必要がありません。

具体的に、どのくらいかかるのかというと、20.315%(所得税15.315%、住民税5%)の税金がかかります。

平成26年~令和19年までは、この税率です。

税率は、上昇傾向にあるので、早めに始めた方が得です。

また、確定申告が面倒という人もいると思います。

そういった人は、特定口座を選択しましょう。

特定口座には、源泉徴収ありと源泉徴収なしの2つがあります。

源泉徴収ありにすると、証券会社が税金を天引きしてくれるので確定申告をする必要がありません。

確定申告をする時間が無い人や面倒な人は、源泉徴収ありにするととても便利です。

ただ、仮に自分で確定申告をするとしても、そこまで難しくはないので心配する必要はありません。

スポンサーリンク



ネットでの株の始め方

今は、わざわざ証券会社に行かなくても、手軽にネットで株を始めることができます。

じゃあ、どうやって始めればいいのでしょうか?

まず、ネット証券会社を探してください

情報量の豊富さやツールの多さ、手数料などを比べて、自分にあっているところを探しましょう。

次に、口座を開設します。

口座を開設するには、申込書類と身分証明書のコピーの提出が必要です。

記入漏れや間違いがあると申し込みができませんから、提出前にしっかりチェックしてください。

必要書類を、提出すると審査が行われます。

その審査に通れば、口座を開設することができて、晴れてネットで株を始めることができます。

ネットで株を始める最大のメリットは、このように手軽に口座を開設できるということです。

窓口や電話で申し込みをするよりも簡単にできます。

自宅で手続きができるので、時間が無い人でも気軽に始めることができます。

また、リアルタイムで売買ができるというのも、ネットで株をするメリットです。

スポンサーリンク



スマホでの株の始め方

現代人は、忙しいです。

ですから、外出先でも株取引をしたいという人も多いと思います。

そういったときに、おすすめなのはスマホでの取引です。

最近では、急速に普及したこともあって、スマホでも株を始めることができます。

証券会社によっては、専用のアプリを用意しているところもあります。

スマホで株を始めるメリットは、

  • いつでもどこでも株取引ができる
  • 口座開設や入出金処理もできる

といったことがあげられます。

一番のメリットは、いつでもどこでも株取引ができることです。

パソコンが無くても取引ができますから、仕事の合い間や通勤途中にしている人も結構、多いです。

空いた時間に取引をしたい人は、スマホで始めた方がいいかもしれません。

また、口座開設や入出金処理もできます。

パソコンを使わなくてもできるので、全てにおいて便利です。

株アプリを選ぶ場合は、どのような機能が使えるのか、どのくらい手数料がかかるのかなどを比べてください。

さらに、出入金処理のしやすさも株アプリを選ぶときには大事なことです。

自分にとって、使いやすいアプリをじっくりと探してみましょう。

スポンサーリンク



-生活の知恵
-,

© 2020 アラ還おやじのコーヒータイム!これっていいんじゃない?