青森市で整体院を探しているならココ!

スピリチュアル 神社仏閣巡り 縁起の良い話

開運!運気好転!おススメの全国のパワースポット!

今日は、パワースポットについて語ってみようと思うアラ還おやじです。

雑誌やテレビで特集が組まれたりして、よく耳にするパワースポット。

でも、そのパワースポットっていったいどんな場所?

という人もいるはずですよね。

パワースポットは、簡単に言ってしまえば、神聖な場所で、その場にいることでパワーを貰える場所です。

昔風に言うと、聖地とか霊場と呼ばれる場所です。

自然の力であったり、その場所の神様が持つ力であったり、土地が持つ磁力だとか、そのパワーには色んな説があります。

また、パワースポットは、良い波動を持っている場所であることから、エネルギースポットとかスピリチュアルスポットと呼ばれることもあります。

さて、それでは全国のパワースポットには、どんなところがあるのか、簡単に見ていきましょう。

北海道の有名パワースポット

北海道は広いということもあり、パワースポットがたくさんあります。

その中でも有名なのが北海道神宮です。

北海道神宮は、非常に強力なパワースポットで、商売繁盛を願って参拝する人が多いです。

参拝するときは、恋愛運に影響を及ぼすと言われているので、第二鳥居以外から入るようにしてください。

第三鳥居から入ると金運がアップします。

紅葉スポットとしても親しまれているので、地元の人たちの憩いの場でもあります。

また、神威岬もおすすめのパワースポットです。

神威とはアイヌ語で神を指します。

岬の先端には、茶色の岩があり、これを触ると運気がアップすると言われています。

阿寒湖は日本を代表するパワースポットです。

湖の中央にあるヤイタイ島には、白龍神社があります。

白龍神社には、その名の通り、龍神が祀られています。

観光スポットとしても有名な場所なので、パワースポットだと知らずに訪れる人も多いです。

この他にも様々なパワースポットが北海道にはあります。

ひとつひとつの距離が離れているため、パワースポット巡りをする場合は計画的に行ってください。

東北の有名パワースポット

東北だと、龍泉洞がパワースポットとして有名です。

龍泉洞は、総延長約1,200m、高低差約249mの鍾乳洞で、日本三大鍾乳洞に数えられています。

さらに、名水百選にも選ばれている場所です。

地底湖の透明度が非常に高く、あの摩周湖にも匹敵するとも言われています。

勝負運や恋愛運、仕事運、健康運など幅広いご利益が期待できます。

東北に旅行に行ったときには、立ち寄ってください。

岩木山神社も東北で有名なパワースポットです。

様々な運気をアップできますが、中でも愛情運、金運、子宝運が有名です。

楼門の前にいる狛犬と一緒に写真を撮ると金運アップに繋がります。

自然豊かな場所なので、リフレッシュしたい時にもおすすめです。

そして、日本三大霊場のひとつである恐山もパワースポットのひとつです。

恐山は非常に有名なので、名前を聞いたことがない人はいないかもしれません。

大祭典や秋祭典には、イタコの口寄せが行われるので、この時期をめがけて行くのもいいでしょう。

関東の有名パワースポット

関東には、数多くの有名パワースポットが存在します。

関東に遊びに行く人は、観光がてら立ち寄ってみてはいかがでしょうか。

まず、関東のパワースポットの中で最も有名なのが、明治神宮です。

観光スポットでもあるので、日本全国から大勢の人がやってきます。

明治神宮には良縁・開運・精神安定といった効果があるそうです。

恋愛をしたい人、結婚をしたい人は明治神宮に行ってみてください。

そして、子孫繁栄を望むなら水天宮がおすすめです。

水天宮には天之御中主と呼ばれる神様がいるとされています。

安産・子宝・結婚の運気を上げたい場合は、訪れてください。

また、三峯神社も関東で有名なパワースポットです。

ここは、複数のパワースポットを持っているので、金運をはじめ、健康運、縁結び、恋愛運など色々な運気を上げることができます。

見どころもたくさんある場所なので、普通の観光にもいいでしょう。

この他にも高尾山や東京大神宮、箱根神社なども関東を代表するパワースポットです。

中部地方の有名パワースポット

中部地方は、石川、福井、富山、新潟、岐阜、愛知、長野、山梨、静岡の9県と非常にも範囲も広く、有名なパワースポットも数多く存在します。

例えば、日本三大名山のひとつとして有名な白山にある白山ひめ神社は、中部地方を代表するパワースポットです。

御祭神の菊理媛尊は、縁結びの神様なので、良縁を求めている人にいいでしょう。

また、逆に縁切りの神様としても知られており、悪縁を切りたい人にも人気がある場所です。

女子力を高めたい女性におすすめなのが、浅間神社です。

浅間神社には、富士山の女神として知られている木花開耶姫命が祀られています。

婚姻、子宝、安産といった御利益があります。

そして、弥彦神社も中部地方を代表するパワースポットです。

古事記にも登場する天香山命が祀られています。

産業発展や事業繁栄の御利益が期待できることもあり、経営者に人気がある場所です。

関西の有名パワースポット

関西の有名なパワースポットと言えば、大仙陵古墳です。

「古墳がパワースポット?」

と思うかもしれませんが、パワースポットの場所に古墳が作られているケースが多いため、必然的に古墳がパワースポットになります。

古墳の中でも強力なパワーを放っているのが、大仙陵古墳だと言われています。

観光地としても知られているので、観光のついでにパワーを貰ってください。

伊勢神宮も、関西のパワースポットとして有名です。

恋愛運をはじめ、全ての運気がアップできる万能タイプのパワースポットとして知られています。

また、関西に行くなら、椿大神社も忘れてはいけません。

椿大神社も有名なパワースポットで、猿田彦大神が祀られています。

猿田彦大神は、道別の神・興玉の神・船玉の神という3つの顔を持っている神様です。

そのため、家内安全・無病息災・交通安全・商売繁盛・厄除け・良縁祈願・縁結び・安産・旅行安全など様々な御利益が期待できます。

関西でパワースポットを巡りをするなら、この三つの場所をおススメします。

中国地方の有名パワースポット

中国地方には、どのようなパワースポットがあるのでしょうか?

最も有名なところで言うと出雲大社です。

出雲大社は、全国的な有名な観光スポットですが、パワースポットとしても人気があります。

縁結びの効果が強く、参拝することで良縁が期待できるかもしれません。

また、事業繁栄や商売繁盛といった効果もあるので、仕事運アップも期待できます。

神無月である10月には、全国から八百万の神々が集まり、この場所で会議を開くといわれています。

そうすると他の土地には神様がいなくなってしまうことから、神無月と呼ばれてきました。

幸徳天皇の時代に創られた宇部神社も、中国地方を代表するパワースポットです。

武内宿禰と呼ばれる神様が祀られていて、病気平癒や健康長寿といった御利益が期待できます。

さらに、須佐神社もパワースポットとして知られています。

メディアでも紹介されるほど注目度の高い場所です。

杉の巨木から強いパワーが発せられています。

四国の有名パワースポット

四国には、パワースポット神社がたくさんあります。

観光のついでに色んな神社に行って、パワーを貰うのもいいかもしれません。

こんぴらさんとも呼ばれている金刀比羅宮は、大物主神などの、海の神様が祀られている神社です。

商売繁盛や必勝祈願、海上安全、無病息災、家内安全といった御利益が期待できます。

階段が非常に多く、本宮まで785段、奥社まで1368段あり、秋には石段マラソンが行われます。

大麻比古神社も四国のパワースポットとして有名です。

境内には、樹齢1000年以上の楠の御神木があり、ここから強いパワーが発せられていると言われています。

大麻比古命と猿田彦命が祀られており、厄除けや交通安全、安産といった効果が期待できます。

また、大吉備津彦大神が祀られている吉備津神社も有名パワースポットです。

本殿と拝殿は、国宝にも選ばれています。

延命長寿、合格祈願、商売繁盛、厄除などの御利益が期待できます。

九州の有名パワースポット

九州で有名なパワースポットは、全国に4万社以上ある八幡宮の総本社である宇佐神宮です。

八幡造という建築様式でつくられた本殿は、国宝に選ばれています。

開運、商売繁盛、厄除、安産、良縁など多くの御利益が期待できる場所です。

無料モノレールが運行しているので、高齢者の方や身体が不自由な方でも参拝できます。

高千穂神社も、九州を代表するパワースポットです。

迩迩芸命、木花佐久夜姫といった神様たちが祀られています。

境内には、樹齢800年以上の秩父杉が植えられており、そこから強いパワーを感じます。

縁結びの御利益が非常に強く、参拝後に良縁に恵まれた人がたくさんいるそうです。

縁結びだけではなく、厄除、交通安全、夫婦円満、家内安全、無病息災などの御利益もあります。

祐徳稲荷神社は、宝くじが当たるといわれているパワースポットです。

倉稲魂大神、大宮売大神、猿田彦大神といった神様が祀られています。

商売繁盛、縁結び、交通安全、学業成就、家運繁栄などが期待できます。

-スピリチュアル, 神社仏閣巡り, 縁起の良い話
-, , ,

© 2021 アラ還おやじのコーヒータイム!これっていいんじゃない?