Twitterまとめ 旬な話題 生活の知恵

老後破産の現実味!年金すらもらえない就職氷河期世代の暗黒

日本社会は、長らく不況に苦しめられてきた現実があります。

一時的に騒がれたアベノミクス。

そのアベノミクスによる景気回復の恩恵を感じられた人は、どれだけいるでしょうか。

実際は、その恩恵をまったく感じられなかった人が多いはずです。

そして、そのまま、今度は、コロナ感染拡大。

それまで以上に、さらに厳しい生活を強いられてきた人々が、たくさんいるのが現実です。

 

正規で働きたいのに働けない就職氷河期世代が50万人も

厚生労働省HPの就職氷河期世代活躍支援プランを見てみると、就職氷河期世代と言うのは、1990年代から2000年代の雇用環境が厳しい時期に就職活動を行った世代のことを指しています。

確かに、1980年代までの日本は、好景気でした。

ところが、1990年代に入って間もなく、株価・地価が暴落し、バブルが崩壊しました。

それによって企業は、人件費の節約・削減のため、一気にその門戸を閉め始めたのです。

何百社と面接を受けても、採用に至らない。

そのため、非正規雇用を余儀なくされた若者が相次ぎました。

実際、内閣府の就職氷河期世代支援の推進に向けた全国プラットフォームで、就職氷河期世代の中心層となる人の雇用形態内訳を見てみると、

「正規雇用を希望していながら、現在は非正規雇用で働いている者」

が、約50万人もいると推計されているのです。

 

老後破綻の現実味が日々の生活不安に追い打ちをかける

非正規雇用、そして、何らかの理由で短時間労働だったり、勤務先の雇用条件が整っていなかったりすると仕事に就いていても厚生年金に加入できないことがあります。

就職氷河期世代の年金問題は、正規社員になれず、厚生年金に加入していなかった期間が長いということだけではありません。

就職氷河期当時は、

「年金制度は破綻している。どうせ自分たちの時代にはもらえないのだから、払うだけ損だ」

という考え方が、若い世代を中心に流行っていました。

実際に国民年金を支払っていなかった層は、かなりいました。

 

年金の平均受給状況

令和2年12月に厚生労働省年金局が発表した、令和元年度厚生年金保険・国民年金事業の概況を見てみると年金の平均受給状況が分かります。

 

厚生年金保険(第1号)受給者の平均年金月額

厚生年金保険(第1号)受給者の平均年金月額は、令和元年度末現在で、老齢年金は14万6千円となっています。

 

国民年金受給者の老齢年金の平均年金月額

国民年金受給者の老齢年金の平均年金月額は、令和元年度末現在で5万6千円、令和元年度新規裁定者で5万4千円となっています。

 

年金受給額に直結するのは

年金受給額に直結するのは、現役時代に年金保険料をしっかり払っていたかどうかです。

色んな原因や理由があるかもしれませんが、指定された金額を納めていないままの老後を迎えると、老後破産をはじめ、かなり厳しい生活を余儀なくされることは間違いないのです。

 

労働年齢の延長は思ったような効果を得ていない現実

現実として、支える側が支えられる側なる未来へと向かおうとしています。

経済産業省は、老後も働くということを提案し、その構図を変えようとしています。

<h3>高齢者が支え手になれば無理なく支えられる社会になるのか</h3>

シミュレーションとして、65歳以上を支えられる側にすると、2017年には、現役世代2.1人で1人の高齢者を支えることになります。

2065年には、1.3人で1人の高齢者を支えることになります。

同じくシミュレーションとして、75歳以上を支えられる側にすると、2017年には、現役世代5.1人で1人の高齢者を支えることになります。

2065年で、2.4人で1人を支えることが可能になります。

このシミュレーションは、経済産業省の2050年までの経済社会の構造変化と政策課題についてと言う平成30年の資料の中に見られるものです。

実際、高年齢者雇用安定法の改正で、65歳から70歳までの就業機会を確保するための努力義務が新設されました。

しかし、現実を見てみれば、

「嘱託社員になって給与半減」

「そもそも再雇用に積極的ではない」

という声も多く聞かれるのです。

国が働き続けることを推進しているのは事実かのしれません。

でも、働きたくても働けない世代がいるのが現実なのです。

今求められているのは、大きな歪みへの対応なのです。

 

Twitterでの就職氷河期世代の暗黒への反応

 

就職氷河期世代の暗黒「年金すらもらえない」老後破産の現実味
別に氷河期世代だけが苦しい訳では無いけど確かに他世代に比べたら貧乏クジ引かされたなってのは感じるよ
生まれるのが10年ぐらい早いか遅いかしてたらもっと楽な人生だったやろこの世代の人全員
年金も崩壊してるみたいなもんやし
現役世代を74歳までとすれば年金制度は維持可能…逆に言えば、そこまで危機的な状況なわけです。就職難な上に老後破産しそうな就職氷河期世代の暗黒も深刻ですが…それよりも若い世代は現役世代のラインをもっと引き延ばされるかもしれません。死ぬまで働く…のが当たり前になってしまうのでしょうか。
「就職氷河期世代の暗黒」なんて知らんがな。45歳定年制導入して46歳から年金でFIREしたい。とりあえず最低賃金と年金が生活保護より安いのだけは避けてもらいたいね。
@TeacherChildish 年金制度は破綻しない(させない)そうですよ。なぜなら制度を無くすと官僚の天下り先が無くなってしまうからだそうです。
バブル期の叱咤激励が続いても尚、対策を練らない。
バブル期の輩にも責任がある

就職氷河期世代の暗黒とか言ってるけど

「就職氷河期世代の暗黒」か。
選挙前と選挙期間中に「#年金」と「#消費税」の話はしない連中。
@TeacherChildish 1940年ごろに当時の情勢を見て施行された年金制度

当時の寿命と比較すると、現在の寿命は食糧事情や医療技術の進歩などで20年以上寿命が延びてるわけです。

死ぬまでの期間が男女ともに20年以上長くなっていることも年金制度が現状に合わなくなっている原因かと思います。 pic.twitter.com/pmzA5h7Dbn

就職氷河期世代の暗黒

年金は破綻するとか、現役世代は将来年金を貰えなくなるとか、そういう煽りをするから「年金を払わない」短絡者が出てくるんだよ。
そのくせ煽ってる連中は、ちゃんと年金払って将来貰うつもりでいるんだろ?

就職氷河期世代の暗黒
なんて、その後の世代も下手すりゃ暗黒だ。
俺たち就職氷河期世代が社会に順応しないから、後の世代に影響を及ぼしていると世の中思う奴も数少なくいるだろうが、
理想とする社会は今まで幸運にもできた話で、本来の日本の姿は我々のような就職氷河期世代なのかもしれない。
勉強なんてしても仕方ないと、ライバルを遊びに誘い油断させておきながら、陰で猛勉強してライバルを蹴落す真似はしない方がいい。
違うか。w
恵まれていると言われながら、
恵まれておらず、
贅沢と言われながらも
贅沢にならず。
プラスになる事は何一つもない。
就職氷河期世代というのは、
何一つ得にならない。
就職氷河期世代の暗黒
がトレンド入りしてるけど、まさしく私もロスジェネ、就職氷河期世代よ。
もともと年金なんて当てに出来ないとは思ってるけど、何才まで働けるかよね…
おはようございます。就職氷河期暗黒世代の関根です。
トレンドに就職氷河期世代の暗黒…
もう年金も払う気が国にないなら安楽死認めてくれないかな?暗澹たる思いでいつ終わるかわからない貧乏暮らしするくらいならサッパリ使い切って迷惑かけないようにさっさと去ぬわ。
就職氷河期世代の暗黒、とやらも積極財政をすれば全国民に利益のある形で解消出来るだろう。氷河期世代のこれまでの人生の損失を穴埋めするには至らないにしても、少なくとも不安のない老後を送ってもらうことは出来るはずだ。
@TeacherChildish 平均寿命が延びた分現役年数が伸びるのも当たり前。
ここをきちんと説明しないから批判される。「平均寿命の15年前までは現役」というメッセージにしないと。
@TeacherChildish 失業しない地方公務員、失業しない国家公務員、自民党 党員と関わりのある人たち 日本版 政党政治に群がる人たち だけが安心して暮らせる社会。

税金は公平に取られたとしても 税金の使い道については参加できない、高額な供託金と大きな組織を持つ者だけが 参加できる国会。

それは、間違っている。

@TeacherChildish 戦後の繁栄は、自民党のおかげでもなければ、共産党のおかげでもありません。

大政翼賛会の悪政から日本の大衆を開放してくれたのは、アメリカGHQなのです。

戦後 在日アメリカ軍を悪者にしてきたのは共産党です。

55年体制 アメリカとの外交を独占して大衆に恩恵がないようにしたのは自民党です。

就職氷河期世代の暗黒は
CWEBが年末年始に爆上げ大量発生で解決
@TeacherChildish ずーいぶん払ってあって(夫は私より年上だし)普通なら(昭和の時代の普通)、今後静かに暮らしていくはずだったんだが、ガガガ

とりあえず私の年金型保険が入っている会社ごとつぶれませんように

就職氷河期世代の暗黒ってすごい重みのあるワード…
@TeacherChildish 寿命のファクターを全く考慮しない分析
こんな一面的な見方しか出来ない人にteacherって言葉使って欲しくない
年金制度は現役世代に納付した年金を働けなくなる年齢から亡くなるまでの期間に分割で受け取るシステム
平均寿命等をちゃんと考慮してればほとんど破綻しようがない
就職氷河期世代の暗黒かーまー働きながら死ぬのが多分、一番幸せな死方になるだろうとは思う。
最悪なのは引退後だね....結婚してない人が多数だし、近所付き合いもないしで、何年も見つからない可能性の方が心配だよ。
年金は、まー年金だけで暮らすのはたぶん難しいだろう年々延びてるからね貰えるの
就職氷河期世代の暗黒といえばまさに我々の世代だが、こんなに長いこと外部環境が好転せず、全くいいことがない、とはな…。

-Twitterまとめ, 旬な話題, 生活の知恵
-, , ,

© 2022 アラ還おやじのコーヒータイム!これっていいんじゃない?