旬な話題 生活の知恵 話題の物

台風14号(チャンホン)の最新情報!現在の位置は?進路状況は?どこに上陸する?

10月5日9時ころに発生した台風14号(チャンホン)。

7日15時には、強い勢力となって、現在も発達を続けているという状況です。

台風14号(チャンホン)の10月8日現在の状況は?

10月8日現在、14号(チャンホン)は、発達を続けたまま北上しています。

本日午前5時ころには、鹿児島・屋久島で瞬間風速29.2メートルが観測されるなど、その勢力は弱まっていないようです。

1時間に約20㎞という速度で、北上を続け、中心気圧は970hPaで、中心付近の最大風速は35m、最大瞬間風速50mとなっています。

中心から半径95㎞以内では、風速25m以上の暴風となっているようです。

台風14号(チャンホン)の進路は?

強い台風14号(チャンホン)は、現在も北上を続け、明日9日以降は、西日本に近づくおそれがあるということです。

台風14号(チャンホン)の勢力は?

台風14号(チャンホン)は、発達しながら日本列島に接近しています。

進路もスピードも定まらないという状況で、強い勢力に発達した台風14号(チャンホン)は、日本へゆっくりと近づいている模様です。

台風14号(チャンホン)が、秋雨前線を刺激しているため、大雨が数日続く可能性もあるようなので、十分な注意・警戒が必要です。

西日本や東日本は、本日8日から大雨に、警戒が必要ということです。

台風14号(チャンホン)のまとめ

台風14号(チャンホン)は、現在の状況によると、10月10日から10月11日頃にかけて、九州から関東にかけて接近するおそれがあります。

うねりを伴った高波に警戒し、土砂災害、低い土地の浸水、河川の増水、強風に注意・警戒してください。

秋の台風は、夏の台風に比べて、被害がおおきくなる傾向にあると言います。

去年、2019年10月に発生した、令和元年東日本台風と呼ばれた台風19号。

静岡県伊豆半島に上陸し、関東甲信や東北地方などが、記録的な大雨となって、想像を絶する甚大な被害が出たのは、記憶に新しいですね。

なぜ、秋の台風は、被害が大きくなってしまうのか?

その要因の1つにあるのが、秋雨前線なのだそうです。

台風が、秋雨前線を刺激することで、数日にわたって大雨が降り続くことがあるのだそうです。

そこに、秋は、太平洋高気圧の縁が本州付近と重なってしまうため、高気圧の縁を、台風が進むことで、本州直撃となりやすくなるのだそうです。

そんな秋の台風である台風14号(チャンホン)。

甚大な被害が、出ないことを願うばかりです。


-旬な話題, 生活の知恵, 話題の物
-

© 2020 アラ還おやじのコーヒータイム!これっていいんじゃない?