ネットの知恵

マイナポイントアプリでマイナポイントの連携先の決済サービスに申し込みできないという不具合

マイナポイントアプリでのマイナポイントの連携先の決済サービスに申し込みできないことがあるようです。

マイナポイントの申込みをしようとしても、連携先の決済サービスの決済サービスIDやセキュリティコードを入力後、MKCZ374Eエラーが表示されて、申込みできないことがあるようです。

エラー[MKCZ374E]エラーのため申込が完了しませんでした。
決済サービスIDまたはセキュリティコードが確認できない、またはその他のエラーが発生しました。

マイナポイントアプリでマイナポイントの連携先の決済サービスに申し込みできないという不具合の原因

MKCZ374Eエラーというのは、表示の通りです。

決済サービスIDやセキュリティーコードに問題があるということです。

MKCZ374Eエラーが表示されて、入力間違いかもと思ってしまうことが多いようです。

ところが、実際の原因としては、入力に間違いはなく、指定したアカウントIDに問題があることもあるようです。

マイナポイントアプリでマイナポイントの連携先の決済サービスに申し込みできないという不具合の対処方法

対処方法としては、決済サービスIDやセキュリティコードなどに入れるべき情報をもう一度しっかりと確認してください。

よくある例としては、年月日を入力するときの数字の桁数が間違っていたり、名前の入力方法が、姓と名を分けないといけなかったり、ローマ字で入力しなにいといけなかったりなど、細かくルールが設定されていることがあります。

ですから、入力する情報の間違いだけではなく、その入力方法に間違いがないかを確認してください。

また、申込みするキャッシュレス決済の公式ページには、マイナポイントの利用に関する特設ページが開設されているようです。

ですから、そこに記載されている申込み手順をしっかりと確認してください。

マイナポイントアプリの申請ボタンからの方法以外にも、事前に必要な準備の手順が紹介されていることがあります。

決済サービスIDやセキュリティコードの入力方法に関する記載がなく、そのキャッシュレス決済手段のアプリ内からマイナポイントアプリを呼び出して登録することもあります。

このような場合、両方の方法が併記されていることもあります。

キャッシュレス決済手段の公式アプリ内から操作して登録できるときは、そちらからの申込みも試してください。

他にも、決済サービスIDやセキュリティコードを入力する前に、その決済サービス側で用意している専用サイトからの会員登録が必要なときもあります

その事前登録をしないで、マイナポイントアプリから申請をしようとすると、MKCZ374Eエラーになってしまうこともあります。

事前に設定や準備を済ませた決済手段やカードでないと、登録できないこともあります。

申請したい決済サービスの公式サイトで、登録手順をよく確認するようにしてください。

マイナポイントの関連記事

● Android版マイナポイントアプリでマイナンバーカードを読み取るときにエラーコード E0008のエラーになってしまうという不具合

● マイナポイントでAndroid版マイナポイントアプリをインストールできないという不具合

● マイナポイントでマイナンバーカードが読み取りできないという不具合

● 2020年7月1日発生しているマイナポイントで公式サイトに繋がらないという不具合

-ネットの知恵
-, ,

© 2020 アラ還おやじのコーヒータイム!これっていいんじゃない?