ネットの知恵

Googleアカウントでのログインが必要なウェブサイトを利用するためのログインで認証エラーが起きた時の原因と対処方法は?

Googleアカウントでのログインが必要なウェブサイトを利用するためにログインしようとすると認証エラーが起きることがあります。

その原因は、どこにあるのでしょうか?

そして、対処方法はあるのでしょうか?

Googleアカウントと連携することでログインできるサービスがあります。

そんなサービスにログインしようとすると、

「エラー 403: disallowed_useragent」

という承認エラーが表示されてしまってログインできないことがあります。

何べんも試してみても、どうしてもログインできなくて困ってしまったという経験があるのではないでしょうか。

スポンサーリンク



Googleアカウントとの連携でログインできるウェブサイトを利用しようとするとログインの認証エラーが起きる原因

認証エラーは、英語で説明されているため翻訳してみることが必要です。

詳細のリンク先の

「Modernizing OAuth interactions in Native Apps for Better Usability and Security(Google Developers Blog)」

も英語ですから、そのリンク先も翻訳してみる必要があります。

翻訳してみるとわかりますが、このエラーメッセージの冒頭に記述されている

「disallowed useragent」

とは、

「非対応のブラウザです(許可されていないブラウザです)」

というような意味です。

つまり、現在、利用しているブラウザに問題があるということです。

そして、その続きを見てみると、

「Googleは(現在ログインしようとしたアプリ/サービス)への安全なログインを提供できません。SafariやChromeなどのブラウザを使用して、アプリ(サービス)のウェブサイトにアクセスすることで、Googleログインが利用可能です」

というような意味になります。

スポンサーリンク



Googleアカウントとの連携でログインできるウェブサイトを利用しようとするとログインの認証エラーの対処方法

翻訳してみてわかったと思いますが、iPhoneやiPadを利用しているときは

「Safariブラウザアプリ」

を利用してみてください。

また、Androidスマートフォン等を利用しているときには

「Chromeブラウザアプリ」

を利用してみてください。

この認証エラーが発生しやすい原因は、標準的に利用されるブラウザアプリ以外のブラウザアプリや、アプリ内で利用できるブラウザ機能を利用しているときです。

通常は、SafariやChromeを利用すると解決され、また、認証エラーも起こらなくなります。

スポンサーリンク



-ネットの知恵
-

© 2020 アラ還おやじのコーヒータイム!これっていいんじゃない?