Twitterまとめ イベント情報 旬な話題

韓国の竹島上陸と言う暴挙が日米韓外務次官協議に影響

【この記事を読むのに必要な時間は約 11 分です。】

韓国の竹島上陸と言う暴挙が、アメリカ・ワシントンで行われた日米韓外務次官協議に影響を及ぼしました。

日米韓外務次官協議終了後に予定された3者の共同記者会見を、韓国の金昌龍警察庁長官が島根県・竹島に上陸したと言う事実によって、日本政府が拒否しました。

 

竹島問題

竹島問題は、韓国領鬱陵島と、日本領隠岐諸島との間に位置する島嶼、日本名は竹島、韓国名は独島をめぐる、日韓両国間の国際紛争です。

竹島が日本の領土であることを主張する日本政府は、竹島の領有権をめぐる紛争の存在を認めているのに対して、根拠もないのに韓国の領土であることを主張する韓国政府は、竹島をめぐる領有権紛争は存在していないとの立場をとっています。

専門家の間では、日本の領土であるとする論者だけでなく、韓国の領土であるとする論者も、竹島の領有権をめぐる日韓両国間の紛争は存在するとしています。

 

日本の主張

日本側の主張では、現在の竹島は、江戸時代には既に日本人によって政府公認の下で鬱陵島に渡る際の航行の目標及び停泊地やアシカやアワビなどの漁猟として利用されていました。

その後、明治政府は、1905年、明治38年1月の閣議決定で無主地であった現在の竹島を島根県隠岐島司の所管としたとしています。

韓国側が、領有の根拠としている古文献や古地図に登場する于山島については、これが現在の竹島だとする主張は、事実にそぐわず、根拠がないとしています。

その反面、日本側が現在の竹島の存在を古くから認知していたことは、数多くの文献や地図から確認できるとしています。

また、1952年に、韓国の李承晩大統領が設定した李承晩ラインは、一方的なものであり、加えて、その後、李承晩ラインが日韓基本条約によって廃止されたにも関わらず韓国が警備隊を常駐させ竹島を占領し続けていることに国際法上何ら根拠がないと主張しています。

日本側が、平和的解決を求め国際司法裁判所に付託することを何度も韓国側へ提案するも、応じていないことも問題視しています。

 

韓国・北朝鮮の主張

韓国側の主張では、現在の竹島は、古代から于山島の名で知られている韓国の領土であり、1696年には、朝鮮の安龍福が、現在の竹島から日本人を追い返し日本に渡り幕府に抗議したとしています。

その後、幕府は、鬱陵島と現在の竹島を放棄したと判断しています。

また、1877年、明治10年に、日本側の明治政府は、太政官指令により鬱陵島と現在の竹島を日本の領土から除外していて、その後、1900年に、大韓帝国勅令第41号が官報に掲載され、竹島は、石島という名で鬱島郡の管轄となったとしています。

日本側が、領有の根拠のひとつにあげている1905年、明治38年の竹島編入については、日本の韓国侵略の過程で行われたものであり、無効であると主張しています。

なお、解放後の韓国政府は、戦後処理のうち、帰属財産問題と対日賠償請求に特に力点を置いていて、領土問題としては、竹島ではなく長崎県対馬の返還を、しばしば日本に対して要求していました。

1948年1月23日、南朝鮮過渡立法委院委員60名が対馬島返還要請願書に署名して提出し、2月17日の韓国国会でも、来たる対日講和会議では、対馬島返還の提案が立議されました。

李承晩は、大韓民国政府樹立直後の1948年8月17日の記者会見において、対馬は韓国領との声明を発表し、9月10日には、大統領特使も東京での会見で、対馬は韓国に帰属すべきと発言しました。

1949年年頭の記者会見でも李承晩は、対馬を返還すべきとして、対馬領有権を強く主張しましたが、竹島への言及はありませんでした。

竹島については、米軍政期にあっても、韓国の地図や文献には、竹島は描かれておらず、この時期の地理の教科書や地図では、韓国領土の東限を鬱陵島としていて、竹島を領土外とする状態が長くつづいていました。

独島返還要求は、1948年8月5日の憂国老人会という民間団体がマッカーサーに送った請願書の中で、対馬とともに独島と波浪島という実在しない島の返還を求めたのが最初だったそうです。

 

Twitterでの共同会見への反応

 

竹島上陸で共同会見拒否は当然。
韓国とは国交断絶でいいでしょ?
もはや同盟国である理由がない。
"日米韓が対北結束アピールするはずが…共同会見急きょ中止

韓国の警察庁長官が不法占拠している竹島に上陸した問題を踏まえ、日本としては、予定されていた3者共同の記者会見について、「韓国に強く抗議する中での実施は不適当」だと判断して中止を決めたという。"

日本、出来るようになって来た。

@TetsuoArima 竹島は日本領土であるからには日本政府はもっと強力に対抗措置をするべきである。日米韓外務次官協議をしているときに韓国の金昌龍警察庁長官が島根県・竹島に上陸するなど意図的にやっていることは明白である。日本側は共同会見を拒否したが、対抗措置があまりにも弱すぎるだろう。
島根県の竹島に韓国警察庁の長官が上陸したことを受けて、共同記者会見が急きょ中止された。日米両国政府は、中国に付け入る隙を与え、将来西側を裏切る可能性がある韓国を、切り捨てることが肝要だ。そのことが、必ず西側諸国の安定に繋がる。日本政府には、中韓と対峙する覚悟が必要だ。
流れはこうか。

韓国検察庁長官が竹島に上陸

日本政府が韓国政府に抗議すると同時に、森健良外務事務次官の訪米中止を検討

森健良外務事務次官がこれは大事な会談であるとして訪米はするべきだと上層部を説得

日本側が会談の出席は認めるものの共同会見はできないと拒否

米韓のみで共同会見をすれば、竹島上陸問題にばかりスポットがあたってしまう恐れがあったので、米国が単独会見をしたいと韓国側に申し出

韓国側が了承して会見は米国のみに
米韓のみで共同会見をすれば、竹島上陸問題にばかりスポットがあたってしまう恐れがあったので、米国が単独会見をしたいと韓国側に申し出

韓国側が了承して会見は米国のみに
韓米日外務次官協議?

今の日韓感情で~協議が
うまくいくはずがないと
思ってたら

案の定~日韓の意見対立がひどすぎて協議後の共同会見は
取りやめ🤣wwww

いいゾ~日本🇯🇵
🤣wwww

日韓関係の修復を図る為、韓国議員団が31日に来日。そんな中、韓国警察トップが竹島上陸とは·····まったく韓国は日本を舐めてんのか?
おかげでワシントンの日米韓の共同記者会見はキャンセルになった。
まあ、当然ですな。
#日韓議員団
#竹島上陸
上陸したことを踏まえ、日本側が共同会見を拒否した。
日米韓3カ国の外務次官協議が17日、開かれた。終了後に予定された3者の共同記者会見は、急きょ米国務副長官のみの会見に変更された。韓国の警察庁長官が島根県・竹島に上陸したことを踏まえ、日本側が「共同会見は不適当」と判断した。
日米韓次官協議 共同会見中止に 韓国警察庁長官の竹島上陸受け。(´Д`υ)
【ニュース】
竹島を巡る日韓関係の対立で共同会見取りやめ 日米韓外務次官協議

#アベマニュース

-Twitterまとめ, イベント情報, 旬な話題
-, , ,

© 2021 アラ還おやじのコーヒータイム!これっていいんじゃない?