未分類

高須院長の膀胱癌に奏功したゲムシタビンは保険適用の治療薬

【この記事を読むのに必要な時間は約 6 分です。】

高須院長の膀胱癌に奏功したゲムシタビンは、保険適用の治療薬とのことですが、膀胱内直接注入は、保険適用外だそうです。

ゲムシタビンは、点滴で行う治療薬だそうです。

がん細胞の増殖に必要な物質とよく似た構造をしているため、がん細胞の中に取り込まれて効果を発揮するそうです。

がん細胞のDNAに入り込み、細胞分裂に必要なDNAの合成を阻害して、がん細胞を死滅させて、がんの分裂や増殖を抑えるそうです。

Twitterでのゲムシタビンの話題

かっちゃん先生の癌制圧プロジェクト最近報告ツイートでネット民が治療方法を知りたいとか経過を知りたいと騒いでいるけど、添付されている画像診断書を読めば分かるでしょ。内視鏡で膀胱癌を取った後に抗がん剤のゲムシタビンを膀胱内に注入しただけの話。先進的な治療ではなく昔から試みられている。
何がいいたいかというと「膀胱に抗がん剤のゲムシタビンいれたら全身の癌が治ったという話でないです」という話すね。多分手術も今と昔で全然ちがうんだろうけど。何使ったかね手術に。
だと思ったよ……直接ガン患部にゲムシタビン投与したんだな…笑
ゲムシタビンを点滴でなく直接臓器に注入するって…
がん治療まで自己犠牲?
さすが整形外科医
患部直接投与を
しちゃうなんて
凄いわ〜

#ゲムシタビン
#高須克弥

高須院長のゲムシタビンの話で患者さんからの要望が増えるだろうなぁ。
チャレンジとしては興味あるけど。
膀胱の場合は、直接注入する抗がん剤もあるのでゲムシタビンでもやってみようと思わはったのかな。 #バイキング
@katsuyatakasu 高須先生
初めまして。
御病気が回復して良かったです。
実は私の兄が小細胞肺癌で治療を進めていますがなかなか効いていないようで、余命が年内と言われております。
高須先生が治療に使用した抗がん剤治療薬であるゲムシタビンは兄にも効果が期待出来ますでしょうか?
兄にも復活を期待したいです。
ゲムシタビンに…直接投与か…。お母さん、直接投与出来ていたのに、私は投与し続けてあげられなかった…効果が高かったかもしれないのに…考えて決めた決断だったけど…お母さんがあんなに早く逝ってしまって、今どこにもいないのは、後悔しかないね…
高須医院長のがん細胞消滅はこれらしい直接投与!
ゲムシタビンは点滴で行う治療薬ですがん細胞の増殖に必要な物質とよく似た構造をしているためがん細胞の中に取り込まれて効果を発揮しますがん細胞のDNAに入り込み細胞分裂に必要なDNAの合成を阻害してがん細胞を死滅させがんの分裂や増殖を抑えます

-未分類
-, , ,

© 2021 アラ還おやじのコーヒータイム!これっていいんじゃない?