青森市で整体院を探しているならココ!

健康情報 生活の知恵

顔イボや首イボを改善する!イボを自然にキレイに取り除く方法!

皮膚にできるできると言ったら、思い浮かぶのは、ホクロとイボですよね。

他にも、スキンタグと呼ばれるイボ状の小突起や病斑といったものもありますが、やはり一般的に思い浮かぶのはホクロとイボのはずです。

このホクロやイボ、特にイボは、見た目が見苦しいし、中には痛みがあります。

それも、顔イボや首イボ、デコルテにできたイボは、恥ずかしさもあって、早く取り除きたいという人は多いですよね。

皮膚に、イボなどのきものができると、皮膚科に行くのが一般的です。

医師は、薬や軟膏を処方したり、時には外科手術で取り除いてくれます。

ですが、ホクロやイボの悩みで皮膚科に行きたくないという人もいるはずです。

皮膚科でイボを取り除いて改善するためには、結構な費用もかかるため、躊躇する人も多いようです。

でも、家庭で、自然にイボを取り除いて改善できるのであれば、高い治療費を出して皮膚科でやってもらう必要はありません。

イボについての知識を深めて、家庭で行える自然な除去方法を紹介していきます。

自然な方法で、どんなタイプのイボに対しても行えて、肌の見た目も改善してくれます。

確かに、皮膚のできものを取り除きたいとか、皮膚にトラブルがあるときは、まずは、皮膚科医に相談するのがベストでしょう。

自分でそのイボを取り除いても大丈夫かどうか、アドバイスを得るために皮膚科いくこともあるはずです。

あまりにも、そのできものが大きくなっているとか広がっているなら、皮膚科に相談するのが一番です。

ただし、できものを取り除くには、とても高額な治療費がかかり、皮膚に傷が残ることも多々あります。

一方、イボの場合、自分で自然に取り除いて改善すると、たいてい傷は残りません。

イボの正体

イボは、ウイルス感染で皮膚の表皮層にできる良性の腫瘍なんです。

イボの原因となるウイルスは、二本鎖のDNAウイルスで、ヒトパピローマウイルス(HPV)と呼ばれるものです。

イボが皮膚の外側層に現れても、ウイルスは、表皮の下部層に残ります。

でも、危険なものではありません。

ヒトパピローマウイルスの種類

ヒトパピローマウイルスは、実に種類が多く、そのため皮膚にできるイボのタイプも色々です。

中には、子宮頸ガンや他のガンの原因になるものもありますから注意が必要です。

イボができる場所

イボは、体中のどんな場所でもできます。

当然、顔や首、デコルテと言ったデリケートな部分にもイボはできます。

そして、イボは、とても一般的なできものですから、たいていの人は一生のうち一度はできます。

しかし、できてしまうととても嫌で厄介なものです。

足のかかとのような位置にできてしまうと、歩くのが大変になってしまい、とても苦痛です。

中には、イボは、カエルからうつると信じている人もいるようですが、それは全くの作り話です。

何故なら、カエルは、ヒトパピローマウイルスを持っていないからです。

イボは、単純にウイルスの感染によるもので、ウイルスがイボの形となって皮膚に出てくるものです。

そして、イボには、根っこがあると思っている人もいますが、それも間違いです。

イボは、皮膚の最上層、表皮で成長します。

確かに、まるで、皮膚の中に深く根を下ろしているかのように感じてしまいますが、根っこはありません。

イボは、真皮のさらに下の層で成長します。

また、イボの外側は、ざらざらと硬くなっていますが、これは表面だけです。

底の方は、とても柔らかく、空気に触れる部分だけが硬くなっているんです。

ですから、取り除くのは、難しいことではないんです。

イボの見た目

たいていのイボは、円柱状に成長してくっついていく傾向にあります。

ですが、顔イボの多くは単独です。

これは、顔の皮膚が薄く、くっついて大きくなりにくいためです。

指や足など、皮膚の厚い部分にできるものは、この円柱状のイボが集まって固まり、モザイク状になります。

また、イボの先端に、黒い点が見えることがありますが、これは血管です。

イボの土台で、血が固まって黒い点に見えます。

イボの種類

イボの原因であるヒトパピローマウイルスには、たくさんの種類があり、できるイボのタイプも色々です。

イボの種類によって、ウイルスも異なります。

大きく分けると、次の5つになります。

  • 尋常性疣贅(イボ)
  • 足底疣贅
  • 爪周囲疣贅
  • 扁平疣贅
  • 伝染性(水いぼ)疣贅

ほとんどのイボは、ガン性のものではありません。

と言っても、とても苦痛で厄介なものです。

特に、人目につくところにできていて、衣服やアクセサリーで隠せないイボ、例えば顔イボや首イボ、デコルテにできたイボなどは、嫌だと感じる人が多いはずです。

イボは、通常、褐色で、表面は、きめが荒くざらざらとしています。

中には、ドーム型をしているイボもあります。

そして、厄介なことに、イボは、体のどこにでもできます。

尋常性疣贅(イボ)

尋常性疣贅というのは、最も一般的なイボです。

発生するところによっては、痛みを伴うものもあり、大変嫌なものです。

体のどこにでもでき、その多くは、子どもにできるイボです。

足底疣贅

足底疣贅は、足の裏にできるイボで、とても痛いイボです。

大人よりも子どもにできることが多いイボで、痛みから歩くのが困難になることもあります。

足底疣贅は、普通は褐色をしていますが、中には、中心に黒い点があることもあります。

この黒い点は、血管です。

そして、タコやウオノメとは別のものです。

タコと同じで、指に、足底疣贅ができると指紋がなくなってしまいます。

でも、取り除くと指紋はきちんと出てきます。

爪周囲疣贅

爪周囲疣贅は、手や足の爪の周りにできるイボで、足や爪周りの衛生状態が悪く、菌がたくさんあると出てきます。

また、足の爪が食い込んでいるとできやすくなります。

このイボは、手の指にもできます。

できないようにするためには、衛生面に気を遣うことです。

かつて、ネイルサロンで爆発的に流行ったことがあります。

しかし、今では、使う道具や爪の衛生状態に細心の注意を払うようになったので、そんなこともなくなりました。

扁平疣贅

扁平疣贅は、子どもの顔に、最も出やすいイボで、先端が平らで、表面もつるつるしています。

足底疣贅ほど見苦しくはありませんが、顔に出ると見た目は良いとは言えません。

痛みもありませんが、取り除いた方が良いでしょう。

伝染性(水いぼ)疣贅

伝染性(水いぼ)疣贅は、イボと言われますが、正確にはイボではありません。

ポックスウイルスという様々なタイプのウイルスによって引き起こされるものです。

イボの原因

イボは、ヒトパピローマウイルスによってできます。

ただ、全ての人に同じような影響が出るわけではありません。

これは、人の体がみな違うため、ウイルスや感染に対する反応が違うからです。

人によっては、イボができにくく、一生のうち一つもできないという人もいます。

逆に、体のあちこちに、しょっちゅうできるという人もいます。

ヒトパピローマウイルスは、100種類以上もあり、皮膚の表面で増え、体のどこにでもイボをつくります。

イボは、皮膚のどこでも、性器や口の中にでも、できることがあります。

当然、顔や首、デコルテなどにもイボはできます。

しかし、手や指にできるのが、一番多いです。

ヒトパピローマウイルスの原因は、よく知られていません。

また、特に決まった治療法がないため、個人で治療したり小さくすることはできません。

つまり、皮膚科の医師であっても、イボの治療はできても、それを防ぐことはできないということです。

ウイルスの種類が多いために、イボにもたくさんの種類があります。

ところが、全てのイボは、同じような治療にはならないのです。

市販薬で簡単に治療できるものもあれば、何ヶ月も残って取り除くのが難しいものもあります。

イボが、同じところに、何度もできるのはよくあることです。

それなのに、同じところにできても違う種類のウイルスが原因になっていることがあります。

とても痛いイボもあれば、全く気づかないままのイボもあります。

痛みがなく、また人目につかないところにあるものは取り除かないという選択肢もあります。

痛みを伴うイボというのは、皮膚が薄いところや足の裏にできるイボで、常に何かに擦れていたり、体重がかかったりし続けることで痛みが出てきます。

イボはうつる

ほとんどのイボは、とても伝染力が強いものです。

ですから、接触することで人から人へとうつります。

子どもの手にイボがあると、母親の首に手を回してハグすれば、母親の首のうしろにイボができる可能性があります。

イボのある子どもは、常に、人にうつす危険性を持っています。

子どもの手にイボがあるときは、注意が必要です。

と言うのは、子どもは、しょっちゅう目をこすったり顔や体を触ったりします。

そうして、イボがどんどん広がっていきます。

また、イボは、汚れたタオルからもうつります。

洗面所のタオルは、イボが出ている人が手を拭くことで、ひのウイルスが付着します。

これを他の人が使えば、当然うつる可能性が出てくるわけです。

イボのある子どもがいるときは、その子どもと同じタオルを使うのは避けて、別々のものを用意しましょう。

尖形コンジローマ

尖形コンジローマというイボも、とても伝染力の強いイボです。

性行為でうつります。

パートナーが尖形コンジローマを持っているときは、しっかりと予防する必要があります。

できるだけ、性行為を控える必要があります。

女性が、尖形コンジローマを持っていると、ウイルスが子宮内にある子宮頚部にまで広がる可能性があります。

子宮や子宮頚部にイボがあることを知らずにいて、パートナーにうつっても本人は気づかないことがほとんどです。

家族の誰かにイボがある、あるいはイボのある人と接触するときは、衛生面に気を遣うことが第一です。

常に、そのことを頭に入れ、接触のきっかけとなるタオルなどの共用を避けるようにしましょう。

他人のイボには、決して触ってはいけません。

イボができやすい人

たいていのイボは、子どもに出ます。

だからと言って、大人が出ないわけでせはありません。

接触を通して、大人にもイボができます。

イボは、接触して、すぐに一晩でできることもあれば、数日かかることもあります。

イボの中には、自然になくなってしまうイボもあり、2~3週間で消えてしまうイボもあれば、数ヶ月も何年も消えないイボもあります。

誰にも、そのイボが自然に消えるイボなのか、どのくらいの期間あるイボなのかは分かりません。

自然に消えないときは、そのイボを取り除いて改善する方法を見つけるのが普通です。

誰にでもイボはできますが、免疫システムが働いてヒトパピローマウイルスの影響を受けなければイボはできません。

人によって、ウイルスへの反応は違います。

中には、全く反応しない人もいます。

免疫システムの働きは、体にイボができるかどうか、どのくらいできるのかに直接関わってきます。

イボができてすぐに消えてしまう人は、健全な免疫システムの持ち主と言えます。

逆に、リンパ腫やエイズといった免疫系の病気にかかっている人はイボができやすく、より長く体に残ります。

化学療法を受けている人も、免疫システムがうまく働きませんから、同じような影響が出ます。

病気や化学療法などで免疫システムが弱っていると、それだけイボを取り除いて改善させるのも難しくなります。

また、大人の場合、特に女性の場合は、30代後半辺りから首からデコルテに小さなイボのようなものができやすくなり、ふと何気なく首や顔を触るとポツポツしたものがあるのに気づき、首元の広い洋服などを着ると気になってしまうことが多いという方もたくさんいらっしゃるようです。

そのため、簡単にイボケアをしたいと考えるわけです。

顔や首にできてしまったイボを取り除いて改善するには

イボを取り除く方法には、色々あります。

人の体は、みな違いますから、その全てに効果があるというわけではありません。

自分が満足できる方法を探す必要があります。

一番、試されている方法は、ダクトテープ、サリチル酸(※01)、カンタリジン(※02)、液体窒素、アロエベラ(※03)、ティーツリーオイル(※04)、エキナセア(※05)の錠剤です。

※01 サリチル酸(出典:フリー百科事典Wikipedia)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B5%E3%83%AA%E3%83%81%E3%83%AB%E9%85%B8

※02 カンタリジン(出典:フリー百科事典Wikipedia)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AB%E3%83%B3%E3%82%BF%E3%83%AA%E3%82%B8%E3%83%B3

※03 アロエベラ(出典:フリー百科事典Wikipedia)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%83%AD%E3%82%A8%E3%83%99%E3%83%A9

※04 ティーツリーオイル(出典:フリー百科事典Wikipedia)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%86%E3%82%A3%E3%83%BC%E3%83%88%E3%83%AA%E3%83%BC

※05 エキナセア(出典:フリー百科事典Wikipedia)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A8%E3%82%AD%E3%83%8A%E3%82%BB%E3%82%A2

一つの方法で効果がなければ、イボが消えるまで、他の方法も試してみましょう。

市販薬を試してみても良いでしょう。

ダクトテープ

ダクトテープは、試してみた方の約85%が効果を感じているようです。

自然で、とても一般的な方法です。

イボを覆うようにダクトテープを切って貼り付けたら、一週間ほどそのままにします。

一週間過ぎたら、ダクトテープを剥がします。

それで、イボも取れているはずです。

その後、軽石などで優しくこすり落とします。

もし、取れなければ、もう一週間ダクトテープを貼り、同じ事を続けてみましょう。

ダクトテープは、とても効果的ですが、完全にイボが取り除かれ改善されるまでに、3ヶ月ほどかかることもあります。

ダクトテープによる効果なのか、それとも免疫システムの働きのせいなのかは分かりませんが、もっと短い期間で取れ改善されることもあります。

サリチル酸

サリチル酸も使い方は、ダクトテープと同じです。

ただ、サリチル酸は、毎日ケアする必要があります。

メリットとして、ダクトテープよりも早くイボが取れ改善されます。

まず、イボの先端をやすりで削って、それからサリチル酸を貼り付けます。

患部がサリチル酸に十分浸るように、その上からバンドエイドを貼ります。

サリチル酸を使った方法は、膝や足、手にできたイボに効果的です。

液体窒素

液体窒素も、イボの治療としては一般的な方法です。

液体窒素を使う方法は、少し前まで、よく行われていた凍結方法に代わるものです。

液体窒素は、スプレーや綿棒で患部に当てます。

そうして凍結すると、イボが水ぶくれになって、やがて取れてくれます。

完全に効果を出すためには、しっかりと窒素を当てる必要があります。

液体窒素は、さほど痛みがありません。

と言っても、水ぶくれができた初日は、多少痛みがあるかもしれません。

でも、これができればイボはすぐに取れます。

但し、液体窒素を使うと、水ぶくれの表面にイボが広がることがあります。

こうなると、結果として、より大きなイボができてしまい、傷も残ります。

アロエベラ

アロエベラは、皮膚トラブル全般の治療に使われる方法で、イボを取り除く効果もあります。

まず、アロエベラに、綿球を浸します。

アロエベラは、まっすぐに生えているものが最も良いものとされています。

綿球をイボに置いたら、バンドエイドやテープでしっかりと覆います。

2~3時間おきに、綿球をアロエベラに浸し、これを数日間続ければイボが取れます。

ティーツリーエッセンシャルオイル

自然にイボを取り除く方法で最も強力な方法。

それが、ティーツリーのエッセンシャルオイルを使った方法です。

ティーツリーには、強力な消毒作用があります。

あらゆるタイプのバクテリアを殺傷することで知られています。

イボを取り除く確率も非常に高いことから、一番、普通に使われている方法の一つです。

イボが消えるまで毎日、ティーツリーエッセンシャルオイルを塗ります。

バンドエイドなどで、上から覆う必要はありません。

エキナセア

エキナセアの錠剤、これも、イボを取り除く方法としてはよく知られています。

エキナセアは、免疫システムを修復するハーブの一種です。

イボは、健全な免疫システムが直接関係していることから、エキナセアを使った方法もとてもよく使われています。

エキナセアは、その他にも、皮膚感染や体への悪影響を治す働きがあることでも知られています。

毎日1~2錠のカプセルを飲めば、数日から数週間でイボが消えます。

アメリカ先住民は、体のあらゆる症状を治す手段としてエキナセアを普段から使用しています。

今日でも、処方される自然なものとして、とても一般的なものです。

レモンオイルとヒマシオイル

レモンオイルとヒマシオイルも、イボを取り除くのに効果があります。

レモンオイルは、ほんの一滴、イボに直接塗ります。

オイルが乾けばイボも取り除かれるはずです。

ヒマシオイルも、直接イボに塗り、マッサージします。

これは朝晩、一日2度ほど行います。

ヒマシオイルを塗るとき以外は、包帯などで常にイボを覆った状態にします。

数週間で、イボが消えてくれます。

バナナの皮

バナナの皮もイボを取り除くと言われています。

ただこれは、立証されたわけではありません。

でも、実際に効果があるという人は多いようです。

バナナの皮を、毎日イボにこすりつけると、数週間で消えてくれるそうです。

一日に、何度か行うと効果的だそうです。

その他のイボを取り除いて改善する方法

家庭で、イボを取り除いて改善する方法は、他にもたくさんあります、

例えば、チョークやタンポポ、重曹、パパイヤ、アスピリン、トウワタなどです。

しかし、これらの方法は、あくまでも保証はないということを頭に入れておいてください。

たとえ、あなたに効果があっても、家族や友人に効果があるとは限りません。

皆、それぞれ違う免疫システムを持っているわけで、ヒトパピローマウイルスの影響も違うからです。

ですから、これらを試すときには、もう一つ考慮しておきたいのは、アレルギーの有無です。

使う材料に、アレルギー反応があれば、肌にこすりつけてはいけません。

アレルギー反応が出たら、すぐに使用をやめましょう。

また、イボ一つ一つの働きも違うということを、覚えておきましょう。

イボが複数あれば、あるものは取れても残るものもあるかもしれません。

全てのイボを完全に取り除くためには、いくつかの方法を試してみる必要があります。

家庭でイボを取り除いて改善する方法は、保証できるものではありません。

効果がなければ近くのドラッグストアにある市販薬や通販などで取り寄せることができる専門のケア商品を使う必要があります。

クリアポロン

イボについて知っておきたいことのまとめ

イボ、特に顔や首といったデリケートな部分にできたイボを取り除いて改善かるためには、これまで、ご紹介してきたことに気をつけて行う必要があります。

最後に、もう一度、簡単に振り返ってみましょう。

  1. 少なくとも子供の10%にはイボがあります。10代の子供にあるのが一般的ですが、年齢に関わらず子供にはあります。
  2. イボは非常に伝染力が強く、たいてい接触することで次から次へとうつります。汚れたタオルや衣服など、ウイルスが付着しているものからもうつります。
  3. イボを防ぐためには衛生状態に気を遣い、傷があればしっかりと覆っておきましょう。公共の場では靴を履くことも大切です。裸足で公共の場にいる子供は、靴を履いている子供より足底疣贅になりやすい傾向があります。
  4. イボが取れなければ、小児科医や皮膚科医に診てもらいましょう。家庭でできる方法が効かなければ、小児科医はサリチル酸をたくさん処方してくれます。
  5. 尖形コンジローマは家庭で治療できません。これは必ず医師に診てもらいましょう。
  6. イボはケラチノサイトとして知られている皮膚細胞が感染してできたものであれば、良性の腫瘍です。
  7. アルダーラなどといった免疫システムの薬があり、これは他の方法が効かない時に処方されます。

首や顔、デコルテなどのイボを取り除いて改善するにはコチラがおススメです!

クリアポロン

-健康情報, 生活の知恵
-, , ,

© 2021 アラ還おやじのコーヒータイム!これっていいんじゃない?