Twitterまとめ 旬な話題 生活の知恵 静岡 食べ物情報

焼津の漁協職員がカツオを大量に盗んでいた模様

静岡県焼津市の魚市場で大量のカツオを盗んだとして、焼津漁業協同組合職員ら7人が逮捕される事件あったようです。

焼津市の地元には、衝撃が広がっているそうです。

以前から、水産関係者の間で、

「焼津港では水揚げが減る」

と指摘されていたそうで、長年にわたって不正が続いていた可能性があるそうです。

日本一の水揚げを誇る漁港のブランドを傷つけかねない深刻な事態で、全容解明と再発防止が強く求められています。

 

うわさは本当だったのかと衝撃が広がる焼津港

「うわさは本当だったのか。太平洋で命がけで取ってきた魚を奪うとは許せない」

と、被害に遭った水産会社の関係者は声を荒らげたそうです。

被害に遭った水産会社内では、焼津港の水揚げが鹿児島の港と比べて少なくなることが不思議がられていたそうです。

被害に遭った水産会社では、

「漁協を信頼していたのに裏切られた。同業他社もやられているのでは」

と疑いの目を向けているそうです。

 

うわさは30年前からあった

ある漁協関係者は、

「30年前からうわさはあった」

と証言しているそうです。

 

複数の被害相談

静岡県警は、事件後に複数の水産会社から被害の相談を受けているそうです。

メンバーを替えながら窃盗が繰り返されていたとの見方を強めているそうです。

捜査関係者は、

「バカを見ていたのは水産会社だけで、漁協関係者と水産加工会社が甘い蜜を吸っていた。パンドラの箱が開いた」

とコメントしたそうです。

 

焼津港では一部計量しない

静岡県警は、10月7日、水産加工会社元役員、運送会社員、同社員の3容疑者を窃盗容疑で逮捕しました。

その共犯として40歳の漁協職員を逮捕したそうです。

他にも、27日には、水産加工会社元社長、31歳の漁協職員、30歳の元漁協職員の3容疑者を新たに逮捕したそうです。

これで一連の逮捕者は、7人に上ったそうです。

 

首謀者は40歳の漁協職員と水産加工会社元社長

静岡県警が首謀的な役割を果たしたとみているのが40歳の漁協職員と水産加工会社元社長の両容疑者だそうです。

水揚げされたカツオは、漁協が計量してから倉庫に保管されます。

漁協で現場を仕切る立場にあった40歳の漁協職員は、計量担当の31歳の漁協職員、30歳の元漁協職員、運送担当の47歳の運送会社員、43歳の運送会社員の各容疑者に水揚げしたカツオの一部を計量せずに運び出すよう指示していたようです。

そして、水産加工会社元社長は、部下の元役員に指示し、倉庫に運ばせたカツオを、自社の所有と偽っていたようです。

売り上げの一部が、40歳の漁協職員に渡り、報酬として分配されていたようです。

7人は、事件への関与を認めているそうです。

 

創業50年を超える老舗水産加工会社

この水産加工会社は、創業50年を超える老舗だそうです。

焼津商工会議所が認定したブランド商品もあるそうです。

同業者は、

「仕事熱心な社長だった」

と口をそろえて語ったそうです。

焼津漁協では、職員3人の逮捕に驚きの声が上がり、ある同僚は、

「皆真面目で、悪いことをするやつらではない。ショックで信じられない」

と語ったそうです。

 

信頼を取り戻さないといけない

焼津漁港の海産物の水揚げ額は、2020年には412億円と全国トップだったそうです。

冷凍カツオの水揚げ量も、約8万9000トンで日本一を誇っているそうです。

そんな全国屈指の港を舞台にした、7人の逮捕劇は、異例の事態で、地元では衝撃を隠せません。

 

地に落ちた信頼

焼津市内で、カツオ料理を提供する飲食店の男性は、

「インターネットで『焼津』と調べると、カツオ窃盗のニュースが出てくる。これ以上評判が落ちるのは困る」

と複雑な心境を語っていたそうです。

また、鮮魚店を営む男性は、

「地元の自慢の港の信用が失われた」

と下を向いていたそうです。

 

設置された調査委員会

焼津漁協では、弁護士ら6人からなる調査委員会を設置したそうです。

全職員約120人の聴取を進め、11月中に結果をまとめる予定のようです。

すでに、民間警備員の配置やトラックのルート固定を再発防止策として導入したそうです。

焼津漁協の幹部は、

「大変残念で申し訳ない。何とか信頼を取り戻したい」

と語ったそうです。

 

Twitterでの焼津の漁協職員カツオ大量窃盗への反応

 

漁協職員がカツオを大量窃盗…
「焼津港では水揚げが減る」
「30年前からうわさあった」

※焼津窃盗漁業組合?

日本一の水揚げを誇る焼津の魚市場で漁協職員がカツオ大量窃盗?
焼津漁業協同組合職員ら7人が逮捕

「焼津港では水揚げが減る」と30年前から噂
水揚げしたカツオの一部を計量せず運び出し首謀者の一人の経営する水産加工会社倉庫へ
この会社は創業50年超の老舗で焼津商工会議認定ブランド商品も
腐敗…

漁協職員がカツオを大量窃盗…「焼津港では水揚げが減る」「30年前からうわさあった」(読売新聞オンライン) ★★★「悪い事をする奴等では無い」に笑う。他人を見たら“”ドロボウ“”と思え!が鉄則です。
焼津の漁協職員が長年の計量偽装でカツオ大量窃盗。大手流通は漁協も卸も通してないので、改革しないと生き残れない。
漁協職員がカツオを大量窃盗…「焼津港では水揚げが減る」「30年前からうわさあった」
いはやは下衆もいいとこ。
この手の犯罪は全国各地漁業にか関わらず蔓延っているのでは?
一次産業だけでなく。
職員が上級国民のように好き放題。
官僚の天下りもいるでしょ。
政治家には寄付で。
選挙の後だな
カツオで有名な焼津港の漁協で漁協関係者が特産のカツオを大量に抜き取る窃盗行為を長年働いた罪で7人も逮捕された様です,カツオ漁師さんが命掛けで遠洋で捕ってきたカツオを漁協職員が横取りして利益を得るとは最悪です!
漁協職員がカツオを大量窃盗…「焼津港では水揚げが減る」「30年前からうわさあった」
11/15(月) 9:44配信 読売新聞オンライン

静岡県焼津市の魚市場で大量のカツオを盗んだとして、焼津漁業協同組合職員ら7人が逮捕された事件が、地元に衝撃を広げている。

【水揚量日本一】「30年前からうわさあった」カツオの大量窃盗で漁協職員ら7人逮捕 焼津
こう言うのは日本全国津々浦々何処でもあると思うよ
量の軽重なだけで
一斉捜査したらウジャウジャ逮捕者出てくるやろ
お互いに少量ずつお目溢ししてるだけで
@livedoornews 建設業界なんか、資材の架空発注とか横流しでポッケにお金忍ばせてる社員がいるということも、この機会に知ってほしい

【水揚量日本一】「30年前からうわさあった」カツオの大量窃盗で漁協職員ら7人逮捕 焼津

漁協職員がカツオを大量窃盗…「焼津港では水揚げが減る」「30年前からうわさあった」。・・だって。知ってる?
漁協職員がカツオを大量窃盗…「焼津港では水揚げが減る」「30年前からうわさあった」。(゚Д゚;)

-Twitterまとめ, 旬な話題, 生活の知恵, 静岡, 食べ物情報
-, ,

© 2022 アラ還おやじのコーヒータイム!これっていいんじゃない?